NEW
渡辺雄二「食にまつわるエトセトラ」

“自宅”に手指消毒液、本当に必要?ベンザルコニウム塩化物とアルコールの基礎知識

文=渡辺雄二/科学ジャーナリスト
“自宅”に手指消毒液、本当に必要?ベンザルコニウム塩化物とアルコールの基礎知識の画像1
「Getty images」より

新型コロナウイルスの家庭内感染を防ぐため、家に手指消毒液を常備している」という人も少なくないでしょう。また、ドラッグストアの入り口近くには、各メーカーのさまざまな手指消毒液が陳列されているので、その前を通ると目が行って、「つい買ってしまった」という人もいるでしょう。しかし、本当にそれらの製品は必要なのでしょうか?

 新型コロナ対策用として売られている手指消毒液は、2つのタイプに大別することができます。ひとつは、ベンザルコニウム塩化物系で、もうひとつは、アルコール(エタノール)系です。

ベンザルコニウム塩化物

 ベンザルコニウム塩化物は、プラスに帯電する合成界面活性剤(これを陽イオン系界面活性剤という)の一種で、細菌やカビ、酵母などに対して殺菌効果があります。逆性石けんともいわれ、病院などで、手指や粘膜などの消毒、さらに機器の消毒などに使われているほか、目薬に防腐剤としても配合されています。

 この成分がどうして新型コロナ対策の手指消毒液に使われているかというと、厚生労働省などが、ベンザルコニウム塩化物が新型コロナウイルスに有効であると認めているからです。

 同省のホームページには、「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)」という項目があり、そこには、「テーブル、ドアノブなどには、市販の家庭用洗剤の主成分である『界面活性剤』も一部有効です。界面活性剤は、ウイルスの『膜』を壊すことで無毒化するものです。9種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに有効であることが確認されています(NITEの検証による)」とあります。そして、そのひとつが塩化ベンザルコニウム(ベンザルコニウム塩化物と同じ)なのです。

 ここで「NITE」とは、経済産業省所管の独立行政法人である製品評価技術基盤機構のことです。同機構は、「新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価(最終報告)」という冊子を2020年6月に発行していて、そのなかで次のように記しています。

「塩化ベンザルコニウムについては、国立感染症研究所での検証試験において、0.05%(2分)において99.999%以上の感染価減少率であった。北里大学での検証試験において0.05%(1分)で不活化効果が認められた」。つまり、ベンザルコニウム塩化物の0.05%溶液によって、新型コロナウイルスの感染力が極端に低下し、また不活化、すなわちウイルスとしての活動が抑えられたということです。

 そのため、ベンザルコニウム塩化物の濃度を0.05%に設定した手指消毒液が、各種発売されているのです。しかし、これらの手指消毒液を家庭内に置いて、手指を消毒する必要性は実際にはないのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合