橋本聖子の真実と半生 情け容赦ない執念の裏で泣いた女性…「政治家・橋本」の誕生 の画像1
東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト」より

 すったもんだの挙句、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長に橋本聖子前五輪担当大臣(56)が就任した。五輪大臣を辞任し、後任には丸川珠代元五輪大臣(50)が就く。「橋本は大臣、国会議員だから組織委会長への就任は無理」という憶測筋はすべて外れた。

 騒動のきっかけは森喜朗前会長の「女性蔑視発言」だったが、森をはばからず「政界に導いてくれた父」と慕う橋本の起用である。しかし、さほどの批判がないのは、彼女の人徳ゆえなのだろう。

 1980年代に筆者が北海道に暮らした数年間、スポーツ取材はアイスホッケーが中心だったが、たまにスピードスケートも取材した。ある年、札幌市で行われた「真駒内選抜」の女子500メートル決勝で、最終コーナーでカメラを構えていた。トップで疾走してきた橋本の姿はほれぼれとするほどカッコよかったが、スケート靴を脱いで歩く姿を見て「こんな小さな人だったのか」と驚いた。至近距離を滑る姿はずっと大きく見えたのだ。

 スピードスケーターというのは本来、短距離も長距離も強いのが真の王者なのだ。その代表が1980年のレークプラシッド五輪で全5種目を制覇した米国の怪物、エリック・ハイデンである。アルベールビル五輪1500メートルで銅メダルを獲得しただけの橋本はそこまでのレベルではないが、長距離も短距離も強い、日本では稀なオールラウンダーだった。そして日本の女子アスリートでは唯一、五輪出場7回という大記録を持つ。

自転車競技への挑戦

 だが、この快挙の陰で泣いた選手がいた。自転車競技の鈴木裕美子である。橋下の出場のうち3回は夏季五輪の自転車だった。

 カルガリー五輪が終わった後、橋下はこの年の秋に行われるソウル五輪で自転車競技の日本代表を目指したのである。当時、女子自転車スプリントの第一人者は日本大学出身の鈴木裕美子だった。20歳の橋本より4歳ほど年長だ。

 スピードスケーターの大腿筋の発達は並外れたものがある。滑ってみればわかるが、よほど鍛えていないと、あの前傾姿勢を長く続けることはできない。もちろん循環機能も高い。こうした肉体的条件からも、自転車に転向してもある程度やれてしまう基礎体力はあった。

 また当時、日本の自転車競技の女子選手はそれほど層が厚いわけでもなかった。そのせいか五輪予選で橋本は次々と勝ち上がり、最後に鈴木と一騎打ちとなった。具体的なことは忘れたが、当時、日本自転車競技連盟が鈴木よりも橋本に肩入れしているような印象を持った。人気者が五輪に出れば話題性からも自転車競技への注目度が高まるからだろう。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合