1月末をもって解散したユーチューバーグループの「さんこいち」は、2017年10月から活動を開始したが、2017年デビュー組のユーチューバーのなかでは頭ひとつ抜きに出た感のあるほど、人気が高かった。

 それが今年の元日、2月いっぱいをもって解散することを発表する動画を公開するや、大きく潮目が変わった。

 メンバー一人ひとりがファンに向けて順番に挨拶したが、ほりえりくが硬い表情で「不甲斐ない結果となり申し訳ない」と謝罪すると、古川優香は「ふーっ」と大きく鼻息を出しつつ「息が止まっちゃう」と茶化すように話し、「暗い話ではない」と強調。やっぴと2人で笑いつつ、ファンに向けて、今後も気軽に動画を見てほしいと訴えた。

 ほりえがYouTubeから引退する一方、古川とやっぴは個人で活動することを公表。3人とも、さんこいちを解散して自分のやりたいことを追求するというが、悲しげなほりえと対照的に古川とやっぴが終始おどけていたことから、ファンは円満な解散ではないのではないかと懸念しだしたのだ。そして、過去の動画などでも3人のなかでほりえが疎外されているように感じるとみる向きが続出し、ほりえに同情する声と共に古川・やっぴを批判する声が殺到した。

 批判が収まらず、古川とやっぴはそれぞれ謝罪動画を公開したが、2人への不信感が払拭されなかった。

 元日以降、古川とやっぴが公開する動画は、ことごとく「低評価」が「高評価」を上回り、「低評価」が9割を上回ることもある。

 そんななかで、2月6日にやっぴが公開した『この1ヶ月で激太りしました…』との動画内で、この1カ月ほどの間に食べ過ぎて体重が急増したと明かし、大きく膨らんだ自身のおなかを指して「ヤバくない? 妊婦やん」全然かわいくない」などと叫んだ。この発言に対して視聴者から、「妊婦はかわいくないということか」「妊婦を馬鹿にしている」「無神経すぎる発言」など、厳しい言葉が寄せられた。

 あまりにも批判の声が高まったことから、やっぴは当該動画を削除し、その後の動画で発言を撤回して謝罪。しかし、1カ月ほどの間に3回の謝罪動画を出すことになったやっぴに対し、ファンからは痛烈な言葉ばかりが書き込まれることになった。さらに、2月13日に『やっぴ、変わります。』との動画で、今後の活動のための宣材写真を撮るために、メイクやヘアメイクを施す様子を公開すると、「変わるべきはそこじゃない」「どんなに外見をとりつくろっても中身が汚いとどうしようもない」といった指摘が相次ぎ、「低評価」が「高評価」を5倍以上押されることになった。

 今のところ、やっぴへの厳しい視線は緩む気配がない。だが、古川への世間の見方が変わりつつある。

 2月22日に公開した『ぺえとお話しました』で、タレントのぺえとのコラボ動画で、ぺえがストレートに「さんこいち」解散の際の経緯を古川に質問。すると古川は、解散はほりえが言い出したこと、解散発表動画は暗くならないように明るく振る舞うことを約束して撮り始めたことなどを明かした。今まで詳細を語らなかった理由については、「何を言っても嘘を言っているように受け取られるのではないか」と懸念していたと吐露すると、ぺえは「それでも逃げていては視聴者に伝わらない」と叱咤。

 古川は、今までは楽しい動画を撮ることだけを考え、視聴者がどう受け取るか、どう感じるかといった目線が抜けていたと反省。表に出る仕事をしている者としての責任や自覚が欠けていたとの見解を述べた。

 この動画を見た視聴者からは、「優香ちゃんの思いが伝わった」「今まで誤解していた」と、古川の反省する様子を評価する声が続出。22日20時現在、8万回を超える再生で「低評価」約1600に対し、「高評価」は約6700と、解散以降初めて高評価のほうが高くなっている。これをきっかけに、古川はファンの気持ちを取り戻せるだろうか。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合