生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ソフトバンクが新たな改革に乗り出した。AndroidスマートフォンとiPhoneの物理SIMカードを、どちらでも使えるようにする、と発表したのだ。現在ソフトバンクで使用している物理SIMは、AndroidスマホならAndroidスマホのみ、iPhoneならiPhoneのみでしか使えないという制約がある。しかしこの問題点を解消し、ユーザーの利便性を向上させることを狙っているようだ。
今回は、ユーザーファーストの変化を続けるソフトバンクについてお伝えしていきたい。

ついにソフトバンクでもOS共通のSIMカードを導入

 “SIM統一”の話が飛び出したのはソフトバンクが提供する新ブランド「LINEMO」の発表会でのこと。現在ソフトバンクの抱える携帯電話事業ではメインブランドやサブブランド内で複数種類の物理SIMカードが用いられている。そのためAndroidスマホからiPhoneに乗り換えたり、その逆をしようとする際にSIMの使いまわし等が困難になっているとして、これまでもユーザーから不満の声が挙がっていた。またドコモやKDDIといった他キャリアでは、一部条件もあるものの基本的…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合