生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

調査会社・Strategy Analyticsの調査データによって、Chromebookのラップトップ販売シェアがMacを超えていたことがわかった。販売シェアだけでなく、出荷台数からもその人気ぶりが反映されていた。2019年の第4四半期は490万台だったが、2020年第4四半期には1140万台を出荷。133%の躍進と、その勢いは増すばかりである。その要因のひとつとして、“価格の安さ”がポイントとなっているようだ。
IT系ニュースサイト「GeekWire」によると、新型コロナウイルスのパンデミックが起こる前のChromebookをはじめとしたChrome OSは主にアメリカの教育現場で利用されていたという。しかしコロナ禍の外出規制が世界中で広がったことにより、アメリカ国内だけでなく日本でもChromebookの人気が上昇。教育現場やビジネスでのニーズからChromebookが優位な流れになってきているようだ。

Mac人気が続くと思われたOS市場

 GeekWireの報道によると、2020年度第1四半期(1~3月)での市場シェアはWindowsのOSが87.5%と圧倒的な…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合