物議の動画が削除…菅首相長男から接待の山田内閣広報官、「飲み会絶対断らない」と指南の画像1
内閣官房公式サイトより

 東北新社に勤務する菅義偉首相の長男、正剛氏から総務省総務審議官時代に接待を受けていたことが明るみになり、注目を集めている山田真貴子内閣広報官。そんな山田氏が、一般社団法人「超教育協会」のオンラインコラムに出演した際、「飲み会を絶対に断らない女としてやってきた」と発言していたことがインターネット上で物議を醸している。

 JIJI.COM(時事通信社)は24日、記事『「飲み会絶対断らない女」 山田真貴子氏、昨年の動画で公言』を公開。「飲み会を絶対に断らない女としてやってきた」という山田氏の発言をピックアップした上で、「山田氏の国会招致を求める野党側からは『国会に呼ばれても断らない女だと思う。機会を早急につくりたい』(安住淳立憲民主党国対委員長)との声が上がった」などと報じた。

山田氏「断る人は二度と誘われません」

 ちなみに総務省が発表した資料によると、山田氏が正剛氏らから接待を受けたのは2019年11月だ。各社報道によると今回、問題とされている動画は2020年の6~7月ごろ、若者に向けて公開されたものという。インターネット上で出回っている動画で山田氏は以下のように語っている。全文ママで書き起こし、引用する。

「3つ目に幸運を引寄せる力についてです。実績をあげられるプロジェクトにめぐりあったり、自分にチャンスをくれる人に出会ったり、そういう幸運を皆さん願うと思います。しかし、プロジェクトや人にめぐりあう確率というのは人によってそう違うはずはありません。

 違いはどれだけ多くの人に出会い、多くのチャンレジをしているか。イベントやプロジェクトに誘われたら、絶対に断らない。まぁ飲み会も断らない。

 断る人は二度と誘われません。幸運に巡り合うそういう機会も減っていきます。私自身、仕事ももちろんなんですけど、飲み会を絶対に断らない女としてやってきました。勉強、プロジェクト、人、多くのものに出会うチャンスを愚直に広げていってほしいと思います」

 社会人として、誘われた飲み会を断るか、断らないかは各個人の考え方だ。飲み会に頼らなくても、趣味や知人の紹介などを介して人脈を広げる機会や商機をつかむチャンスはいくらでもあるだろう。また「特定の飲み会に参加しないことで、なんらかのペナルティや不利益が課せられる」ことを肯定する言動は、厚生労働省が企業・団体に対して防止を呼び掛けているアルコールハラスメント5項目の「飲めない人への配慮を欠くこと」に該当する可能性がある。今回の発言に関し、山田氏と同年代のある元総務省職員は次のように語る。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合