マンガ『デデデデ』に圧倒的支持…劇的・勝利を排除、日常の圧倒的な強さを描くの画像1
©浅野いにお/小学館・ビッグスピリッツコミックス連載中

 第66回小学館漫画賞が1月19日、発表された。同賞一般向け部門を受賞したのは『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』(浅野いにお、小学館、以下『デデデデ』)。

 物語では東京の上空に浮かぶ巨大宇宙船と、その下で宇宙船出現前と変わらない日常を生きる(あるいは生きようとしている)女子たちの姿が描かれている。同作品はインターネット上などで「東日本大震災や東京電力福島第1原発事故後の日本を風刺している」「世界中を混乱に陥れている新型コロナウイルス感染症が作品のモチーフだ」などと騒がれているが、実はそうではないらしい。

 浅野氏といえば、これまでも『ソラニン』(浅野いにお、小学館)『おやすみプンプン』(同)など、時代とともに変わりゆく現代人の内的葛藤とリンクする作品を世に送り出してきた。いったい、それはどのような目線と思いで作られているのだろうか。

 Business Journal編集部は2月中旬、マンガ家第一の読者であり、『デデデデ』立ち上げ担当編集でもあった小学館・ビッグスピリッツ編集部の茂木俊輔氏にインタビューした。「電子コミックス全盛」「出版不況」「誰もがクリエイターになれる」などと言われる時代。そんな世の中に求められている編集者の役割やセンス、必要な考え方を聞いた。

『ソラニン』と『タッチ』に通底するものとは

――浅野さんは編集者からみてどういう漫画家さんなのでしょうか。

茂木氏(以下、茂木) 浅野いにおさんは自分よりひとつ年上で、ほぼ同世代なんですが、入社2年目の2005年に週刊「ヤングサンデー」(小学館)で『ソラニン』の連載が始まった時は「ついに岡崎京子でもなく、松本大洋でもない。自分の世代の語り部が出てきた!」と皮膚感覚でわかりました。

 というのも、当時 職場にいた年上の編集者が『ソラニン』をめちゃくちゃ嫌ってまして(笑)「ヒロイン(の井上芽衣子)の鼻がつぶれてる!」とか、登場人物たちの言動を「ゆとりだ!」「甘えだ!」とか非難していました。でも逆にそれで確信したんですよね。「この先輩たちは何もわかっていない。本当に新しい人が出てきたんだ!」って(笑)。そういう意味でも自分の中では特別な作家さんで、5年後くらいにスピリッツに異動して、担当させていただけることになった時は嬉しかったですね。

 浅野さんの漫画には「自意識」とか「モラトリアム」とか「同調圧力や一方的な正義感への嫌悪」といった一貫したテーマが根底にあります。でも何より特徴的なのはずっと「日常」を描き続けてきた作家だということだと思います。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合