橋本聖子、浅田真央へも安倍首相“ハグ強要”報道…有名だったセクハラ・パワハラ体質の画像1
「橋本聖子オフィシャルサイト」より

「女性蔑視発言」をめぐる批判を受けて退任した森喜朗氏の後任として、今月、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長に就任した橋本聖子氏。

 スピードスケート選手、自転車競技選手として日本の女子アスリートでは史上最多となる五輪出場7回という記録を持つ「五輪の申し子」橋本氏は、1995年の参院選で初当選を果たし政界入り。すでに当選5回を誇り、五輪担当相、内閣府特命担当相(男女共同参画)、女性活躍担当相など3度の大臣経験もあるベテラン議員ともいえる存在だ。

 その一方、7年前には「週刊文春」(文藝春秋)で人気男子フィギュアスケーターの高橋大輔選手へのキス強要問題が報じられたほか、昨年12月には新型コロナウイルス感染症拡大を受け政府が国民に外出自粛を呼びかけるなか、高級寿司店を貸し切って計6人で深夜まで会食を行っていたことが判明するなど、たびたび失態を演じていた。

 そんな橋本氏に、新たなスキャンダルが浮上した。25日発売の「文春」によれば、橋本氏は14年のソチ五輪後の懇談会において、嫌がる女子フィギュアスケーターの浅田真央選手に安倍晋三首相(当時)とのハグを強要したほか、知人が経営する牧場の宴会で男性従業員にキスを強要したという。自民党関係者は語る。

「橋本さんに全然悪気はないんですが、気分が高揚したり、特にお酒が入ったりすると、誰とでもキスやハグなどのスキンシップをしたがるというのは、党内では有名です。橋本さんを知っている人たちの間では、彼女なりの愛情表現だと理解しているので、“いつものアレか”という感じで特に問題視されたりはしていませんが、さすがに公の場で国民的な人気が高い若手アスリートにまで、それをやってしまうのは、まずいですよね。当時の橋本さんの立場(編注:日本スケート連盟会長)を考えれば、完全にパワハラ・セクハラですから。

橋本聖子、浅田真央へも安倍首相“ハグ強要”報道…有名だったセクハラ・パワハラ体質の画像2
『「不倫」という病』(片田珠美/大和書房)

 橋本さんの名前が組織委会長候補に浮上した直後から、ネットやテレビのワイドショーではさんざん高橋選手との件が叩かれていたし、もし本当に就任すれば、同じような悪いエピソードはいっぱい出てくるでしょうから、永田町では『さすがに橋本さんは“ない”でしょ』とみられていたので、実際に会長就任が決まったときには驚いた人も多いんじゃないですか」

 また、別の自民党関係者はいう。

「自民党の女性議員では高市早苗さん、野田聖子さん、小池百合子さん(17年に離党)が酒豪として知られていますが、橋本さんも負けず劣らずで、飲み会好き。大物議員との宴席でも酔ってざっくばらんなキャラを見せるので、それが森(喜朗)さんや安倍さんはじめ、有力議員たちから、かわいがられてきた要因の一つでもあるんです。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合