生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモの「ahamo(アハモ)」、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」、auの「povo(ポヴォ)」など、大手キャリアが打ち出したネット専用の格安新料金プランの煽りをモロに受けたのが「格安SIM」である。何しろ大手キャリアより“割高SIM”になってしまったのだ。そこで格安SIM最大手の「IIJmio」は、2021年2月24日に新料金プラン「ギガプラン」を4月から提供すると発表。とくに月2GBで月額780円は、2021年春のスマホ料金競争の大本命になるかもしれない。

IIJmioは月20GBプランが大手キャリアより600円も安い!

 大手キャリアのドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という格安新料金プラン「ahamo」を発表すると、ソフトバンクやauはかけ放題をオプションとして月額2,480円という新料金プランで対抗したのは皆さんもご存じだろう。このあたりの事情は→こちらで詳しく解説している。だが、これで窮地に立たされたのが格安SIMである。何しろ、大手キャリアが発表したネット専用新料金プランは、従来の格安SIMより安かったのだ。このままでは格安S…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合