加藤浩次、『スッキリ』から外されるのも時間の問題? 吉本興業「大崎会長とは会っていない」発言で“不和”露呈かの画像1
『スッキリ』(日本テレビ系)公式サイトより

サイゾーウーマンより】

 春の番組改編に伴い、司会を務める『この差って何ですか?』『スーパーサッカー』(ともにTBS系)の2番組が3月で終了する極楽とんぼ・加藤浩次。2月26日発売の「フライデー」(講談社)では、そんな加藤に直撃取材を行っている。朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)の総合司会も担当している加藤だが、マスコミ関係者の間では「『スッキリ』から外されるのも時間の問題」と、ささやかれているようだ。

「加藤といえば、2019年に雨上がり決死隊・宮迫博之らの“闇営業”騒動を『スッキリ』で取り上げた際、同問題に対する吉本興業の姿勢に不信感をあらわにし、『経営陣が変わらないなら僕は辞める』と、事務所退所を示唆。その後、吉本の大崎洋会長と話し合い、加藤は自ら“エージェント契約”を提案したことなども明かしていました」(スポーツ紙記者)

 一連の騒動は“加藤の乱”と呼ばれ、業界内外で話題となった。

「加藤が生放送番組で吉本に対し“宣戦布告”に近い物言いをしたことは、本題の闇営業問題と同じくらい大きな波紋を呼び、『スッキリ』の裏番組である『とくダネ!』(フジテレビ系)や『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でも、加藤のコメントを速報で伝えるなど、異例の報道がなされました」(同)

 あれから1年半以上がたち、騒動の発端となった宮迫はテレビ復帰を果たせずにいるが、ここに来て加藤の芸能活動も雲行きが怪しくなっているようだ。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合