NEW

菅首相が機能不全、情報入らず孤立…山田広報官を更迭できない事情 五輪強行で政権延命

文=編集部、協力=朝霞唯夫/政治ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

菅首相が機能不全、情報入らず孤立…山田広報官を更迭できない事情 五輪強行で政権延命の画像1
首相官邸のHPより

 菅首相がついに“ブチ切れ”した――。

 菅義偉首相の長男で東北新社社員の菅正剛氏から総務省幹部が接待を受けていた問題で、同省は24日、谷脇康彦総務審議官ら9人を懲戒、2人を戒告とする処分を発表した。

 この問題で注目を集めているのが、山田真貴子内閣広報官が総務審議官時代の2019年に正剛氏から接待を受けていた点だ。山田氏は25日、衆院予算委員会に参考人として出席し、「(首相の長男との会食は)私にとって大きな事実ではない」「放送業界全体の実情に関する話はあったかもしれないが、全体としては一般的な懇談だった」などと語り、内閣広報官を続投する意向を示している。

 山田広報官は通常、首相官邸で行われる菅首相の記者会見で進行役を務めているが、26日夜に予定されていた、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の一部解除決定に関する菅首相の記者会見が中止に。同日夜に記者団のぶら下がり取材に応じた菅首相は、会見中止と山田氏の接待問題の関係について聞かれ、「まったく関係ない」と語った。

 記者団から山田氏に関する質問が相次ぐと、菅首相は苛立った表情を浮かべて「あのー、今日、こうして、ぶら下がり会見を行っているじゃないでしょうか」「必要なことには答えているんじゃないでしょうか」と発言。テーマが変わり経済対策関連の質問が出ても、「ほかの方、よろしいですか」と回答を拒否。さらにコロナ感染の再拡大について聞かれると、両手をあげて怒りをあらわに「いや、ですから。基準を決めてるわけですから」と声を荒げる場面もみられた。

 最後は「いや、私も時間がありますから。でも、だいたい、みなさん、出尽くしてるんじゃないですか。先ほどから、同じような質問ばっかりじゃないでしょう」と記者団への批判を展開した。

官房長官時代との違い

 菅氏といえば安倍政権の官房長官時代、毎日の定例会見でも安定した受け答えに定評があったが、首相就任後は国会答弁でも「切れがなくなった」という声も目立つ。全国紙記者はいう。

「官房長官はあくまで“首相のサポート役”“黒子”という位置づけで、世間からもマスコミからもそういう扱い。最終責任者は首相なので、厳しい批判や追及も最後には首相に向くことになりますが、今度は菅さん自身がその立場になった。菅さんは官房長官時代に会見で『承知していない』『問題はない』というフレーズを多用していましたが、首相になった今、その手が許されなくなったということでしょう。

 また、官房長官は“裏の仕事”なので、外からは見えないかたちで、その威光を使って官僚に直接指示して物事を動かすことができるし、人事にも介入できますが、首相になれば、そうはいかない。官僚を動かすにも各大臣を通じて行わなければならず、しっかりとした手続きを踏むことも求められる。そういった点も菅首相を苛立たせているのでしょう」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合