家事代行サービスが見た片付けられない人の共通点とは?大量の掃除用品、謎のこだわりの画像1
「gettyimages」より

 掃除や洗濯、料理などさまざまな家事を代わりにしてくれる「家事代行サービス」。近年主流なのは、ひとつの家庭に専属で雇われる家政婦ではなく、家事代行会社を通して複数の家庭からオファーを受けて、数時間単位で作業をするサービスだ。

 2020年には、キャリアウーマンが家事代行を利用するドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)がヒットし、サービスの認知度を上げた。ドラマのように依頼主と恋愛関係になるケースはさすがにフィクションだが、ドラマ以上に過酷な現場も多いという。現役の家事代行スタッフに、その実態を聞いた。

「利用者=富裕層」のイメージは間違い?

「家事代行サービスは、その名の通り、ご家庭の家事を代行するサービスです。食材を買って数日分の食事をつくり置きする『料理代行』と、掃除をメインに行う『掃除代行』があり、どちらか一方を頼む人もいれば、両方を依頼されるケースもあります。最大で1日3軒回る日もありますね」

 そう話すのは、3年ほど前から家事代行サービスのスタッフとして働くAさんだ。“裕福な家庭が家事代行サービスを利用する”というイメージが強いが、Aさんは「すべてのお客様が富裕層というわけではない」と話す。

「うかがうお宅は千差万別。豪邸もあれば、タワマンの上層階、アパートのワンルームもあります。もちろん本人の収入も関係あるとは思いますが、『コストをかけてでも家事を外注した方がメリットがある』と感じている人が利用している印象が強いですね。家事が得意な人は、たとえ裕福でも代行を頼まないと思います」(Aさん)

 現在、Aさんが担当している世帯は20~30代が中心。20代は仕事が忙しいビジネスパーソンの男性、30代は子育て世代が多いという。

「地方と都心では状況が違うと思いますが、若い人ほど家事代行への心理的ハードルが低いのかもしれません。子どもの頃に『家事を他人に外注するのは恥ずかしいこと』と教えられた人は、利用に踏み切れない場合もあると思います。高齢者になればヘルパーさんを頼むという選択肢があるけど、40代、50代は家事は自分でするもの、と考えているのかもしれません」(同)

 J-Net21が2019年6月にインターネットで行ったアンケート調査(国内在住の20代~60代男女/有効回答数1000人)によると、家事代行の利用率は2%。利用者を年代別・男女別に見ると、20代男性が6%と最も高く、次いで60代男性が4%、30代男性が3%となっている。一方、50代、60代の女性の利用率は0%。Aさんが感じているように、世代や性別によって家事代行への意識は異なっているようだ。

片付けられない人の共通点とは?

 Aさんのもとに舞い込む依頼内容には、難しい案件も多い。特に掃除代行で訪れる家は、すさまじい状況になっているという。

「単発の依頼で掃除に入るお宅は、すさまじい状況になっていることが多いです。すべての部屋の床に子どものおもちゃが散在していたり、脱いだ服やトイレットペーパーがそこら中に落ちていたりしています。しかも、そういう人に限って部屋数が多い広い家に住んでいるので、掃除が大変なんです……」(同)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合