【確認中】長澤まさみ、上白石姉妹、浜辺美波を生んだ「東宝シンデレラ」の闇と斉藤由貴の“黒歴史”の画像3
女優・浜辺美波(20歳)。第7回「東宝シンデレラ」オーディションで、新設のニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入りを果たした。現在放送中のドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ)や、NTTドコモ「d払い」のCMでも「とにかくかわいい」と話題だ。画像は本人Instagramより。

「d払い」CMのあまりのヘビーローテーションに対し、「うざい」「でもかわいい」と話題を集めた浜辺美波

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)に出演中で、2021年度後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に主演することが発表された上白石萌音

 姉の上白石萌音に続いて、2022年春スタートの連続テレビ小説作品に出演することが決まった上白石萌歌

 出演した中国映画『僕はチャイナタウンの名探偵3』(原題は『唐人街探案3』で、2021年2月に中国で公開済み)が、中国映画界における興行収入記録を更新した長澤まさみ

 歌手デビュー35周年を迎え、アイドル時代の全10曲を収録したセルフカバーアルバム『水響曲』をリリースした斉藤由貴

 主演ドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)の映画化が発表された沢口靖子

 ここ最近メディアを賑わせているこれら20代から50代までの6名の女優にはひとつ、共通点がある。全員が、大手映画会社「東宝」が主催する「東宝シンデレラ」オーディションをきっかけに女優デビューした、ということだ。

沢口靖子、斉藤由貴がバトンをつないだ『ゴジラ』や黒澤映画から続く正統派女優の系譜

「東宝シンデレラ」のオーディションは、東宝創立50周年記念イベントとして1984年に第1回が開催された。東宝は以後35年以上、不定期に開催してきた同オーディションを通じて人材を発掘し、系列の芸能プロ「東宝芸能」に所属させ、女優として育成するシステムをとり続けている。

 ライバル会社の東映、松竹もグループ内に芸能プロを有しているが、新人(主に女優)の発掘、育成の面においては、東宝の実績がずば抜けている。それは「東宝シンデレラ」という窓口のブランド価値と、スカウティング能力の高さによるものなのだろう。

 もともと東宝には、明朗で健全な娯楽映画を提供してきた歴史がある。他社がセックスやバイオレンスを強調した刺激路線に走った時期にも、東宝は自社のカラーを守り続け、それは今に至るまで一貫している。

 1970年代前半までの日本映画界では、各映画会社が俳優と専属契約を結んでいたが、東宝専属のスター女優の顔ぶれには、各社の社風が反映されていた。

 黒澤映画に出ていた司葉子、団令子、内藤洋子、特撮映画のヒロインを務めた河内桃子、白川由美、サラリーマン映画を華やかにした新珠三千代、浜美枝、藤山陽子、『若大将シリーズ』のマドンナ・星由里子、酒井和歌子……。東宝女優の系譜は、コメディもこなせる明朗な正統派女優の系譜ともいえた。ヌードシーンや過激な濡れ場の経験者もほとんどいない、という共通点もある。

 そして「東宝シンデレラ」オーディションでの人選にも、そのカラーが継承されている。映画制作のシステムが変化し、自社製作の作品は減ったが、基本的には、東宝配給作品にハマるような「正統派女優」候補生を選んでいるのだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合