朝ドラ『おちょやん』成田凌のモデル2代目渋谷天外の壮絶人生…転落からの浮気と離婚の画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 岡田みつえ(東野絢香)と富川福助(井上拓哉)の夫婦をモデルにした芝居をすることになった竹井千代(杉咲花)。天海一平(成田凌)は検閲に引っかかって脚本を変えざるを得なくなり、アドリブで相手役の千代にキス。道頓堀中が大騒ぎする中で、千代の弟・ヨシヲ(倉悠貴)を名乗る若者が現れた。2月22日(月)~26日(金)のNHK連続テレビ小説『おちょやん』を振り返ろう。

ヨシヲの登場で一波乱…千代と一平が急接近

 新作の「若旦那のハイキング」は、昔から犬猿の仲だった大店の娘と息子が禁断の恋に落ちるというもの。家族から結婚を猛反対され、若旦那は相手の娘をハイキングに誘い、毒を飲ませて心中を図るという物語だ。

 検閲の結果、ラストの抱き合うシーンを変更させられた一平は、悩みに悩んだ末にアドリブで相手役の千代にキス。千代は呆然とし、客席は大騒ぎ。怒り狂った警察は、その日の芝居を中止とした。

 一平たちは警官から大目玉を食らいながらも、舞台を続けられることに。それを団員たちに報告し、2人で岡安に戻る最中、急に若い男が一平を殴りつけた。

「よくも姉やんをキズモノにしてくれたな」と言われ、驚く千代。一平を殴った男は、弟のヨシヲだった。千代はヨシヲを連れて岡安に戻り、みんなに紹介した後で、姉弟水入らずの時間を過ごした。

 千代は、せっかく道頓堀にいるのだからとヨシヲを舞台に誘うが、鶴亀に脅迫電話が入ったため芝居は休止に。実は、みつえたちの祝言の日、道頓堀ではボヤ騒ぎが起こっていた。「次は容赦なく劇場を燃やす」という脅迫に、千代たちはなす術がなかった。

―――

 翌日、福富楽器店で千代に状況を聞いたヨシヲは、帰りにヤクザの仲間たちと鶴亀を潰す話を詰めていた。その場面を見ていた一平は、すぐに千代に報告。そこにヨシヲが訪れて一平の話を否定するが、水をかけられたことでシャツの下から刺青が浮かび上がってきた。一平は、ヨシヲに殴られた際に襟元から刺青が見えたため、ヨシヲを怪しんでいたのだ。

 千代が真意を問うと、ヨシヲの態度は一変。千代の生存を知っても会いたいと思わなかったこと、お金のために鶴亀を潰そうとしていたことを白状した。そして、「警察に訴えたら、仲間が道頓堀中の芝居小屋に火をつける」と言い残して消えた。一平は千代に、鶴亀の大山鶴蔵社長(中村鴈治郎)に報告すると伝え、千代は必ず説得するから少しだけ待ってほしいと頭を下げた。

―――

 翌日、脅迫犯が突き止められ、大山社長が鶴亀を大きくするために恨みを買っていたことが原因だったと判明する。一方、ヨシヲの正体がバレたためヤクザたちは作戦を変えて、道頓堀中の芝居小屋に火をつけることに。

 千代は一平とともにヨシヲのもとを訪れて説得するが無駄に終わり、部屋を追い出されてしまった。千代と別れた一平は再びヨシヲを訪ねて、千代が深くヨシヲを思っていたことを伝えた後で、大山社長のもとへ向かった。

 その日の夜、ヨシヲはえびす座に火をつけようとするが、老婆に扮した須賀廼家千之助(星田英利)に邪魔されて未遂に終わる。そこに千代と一平が駆けつけて、今回の一件はすでに片付いていると伝えた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合