ドミノ・ピザとピザハットのおひとりさまセットはどっちがトク?ピザーラは残念な結果にの画像1
「gettyimages」より

 2度目の緊急事態宣言を受けて、東京都をはじめとする都市圏の飲食店は軒並み20時閉店を余儀なくされた。店内飲食だけでなく、テイクアウトの受付まで20時前に締め切る飲食店もあり、街には“夕食難民”たちがあふれる事態となった。そんな状況下では、当然のように「出前市場」の成長が著しい。

 外食・中食市場情報サービス「CREST」を提供するエヌピーディー・ジャパンが2020年12月21日に公表した出前市場レポートによれば、20年の出前(宅配ピザを含む外食デリバリー)市場は売り上げ6000億円超で、前年比44%増となる見込みだという。

「出前館」や「Uber Eats」といったフードデリバリーサービスの浸透もこの動きを後押ししていると思われるが、宅配ピザなど、以前から自店で注文・配達を行ってきたデリバリー系チェーンも巣ごもり需要を逃すまいと、新たなサービスやメニューを打ち出している。

 宅配ピザといえば「デリバリーは2000円以上」といった最低注文金額が設定されているのが常だったが、国内最大手のドミノ・ピザは、20年5月18日より業界で初めてピザのデリバリー最低注文金額を撤廃。一人分の少ない量でも気軽にデリバリーを利用できるようになった。東京23区内の店舗では、「ハッピーレンジ」シリーズのMサイズピザの通常価格は1800円(税別)から。さらに、スモールサイズのピザ・パスタのメインとサイドメニューを組み合わせたおひとりさまメニューが開発され、こちらの価格は1150~1899円(税別)。従来よりも手軽にデリバリーを楽しめるというわけだ。

ドミノ・ピザのセットは種類が豊富

 今回は、ドミノ・ピザのおひとりさまメニューで最も安い「ピザサンド」バリューセット(税込1150円)をデリバリーで注文してみた。メインとなるピザサンドは、通常価格450~650円(税別)のものから選べる。サイドメニューは、Sサイズのチキンが300円(税別)、Mサイズのポテト・スープ・デザートが各350円(税別)、ハーゲンダッツのアイスクリームが370円(税別)となっており、この中から好きなものを2つ選択できる。

 これだけ選べると組み合わせも増えるため、迷ってしまうが、王道のドミノ・デラックス ピザサンド、ミネストローネ、ハーゲンダッツ ストロベリーのセットで注文。それぞれを単品で頼むよりも105円の割引となった。

ドミノ・ピザとピザハットのおひとりさまセットはどっちがトク?ピザーラは残念な結果にの画像2
ドミノ・ピザ「ピザサンド」バリューセット/税込1150円(ドミノ・デラックス ピザサンド、ミネストローネ、ハーゲンダッツ ストロベリー)

 注文後の画面には、「受付完了」「調理準備中」「オーブン焼成」「焼きあがり」「配達」と、ピザが届くまでの工程をリアルタイムで伝える「ピザトラッカー」が表示される。ある程度の到着時間が予測できるため、「届けてくれたことに気がつかなかった」なんて事態も回避しやすくなるだろう。また、事前決済なら「置き配」で商品を受け取ることもできる。

ドミノ・ピザとピザハットのおひとりさまセットはどっちがトク?ピザーラは残念な結果にの画像3
ピザトラッカー「調理準備中」の画面
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合