IKEAの家具、破損時は保障対象外となる引っ越し業者も?再組み立てが難しい?の画像1
IKEAの店舗

 1943年にスウェーデンで誕生し、世界最大の家具メーカーとして知られているIKEA。日本では2021年2月時点で法人向け業態を含めて12店舗を構えており、多くのファンを獲得している。

 そんなIKEAの家具に関するSNS上でのある投稿が話題を集めた。投稿の内容は、引っ越しの見積もりをすると毎回IKEAの家具があるかどうか尋ねられる、というもの。IKEAの家具は再組み立てが難しく、業者によっては破損しても保障の対象外となってしまったり、見積もりの段階で断られてしまったりするという報告が相次いでいるのだ。

 再組み立ての際に強度が落ちると言われていることから、一部では“IKEAの家具は壊れやすい”という風説も流布しているが、はたして本当にIKEAの家具は他の家具メーカーの商品と比較して壊れやすいのだろうか。

 そこで今回は、ムガマエ株式会社代表取締役社長で経営コンサルタント、自身も15年近くIKEAの家具を使用している岩崎剛幸氏に話を聞いた。

引っ越しにおけるデメリットはメリットの裏返し?

 デザイン性の高さや価格の低さが評価されているIKEAの家具だが、そもそもどういった点が他の家具メーカーにない魅力として支持されているのだろうか。

「IKEAの家具の最大の特徴は、北欧テイストながら黒や白などのシンプルな色合いの商品が多いので、戸建ての家やアパート、マンション、近年人気のコンクリート打ちっぱなしの部屋など、どんな部屋にでも合わせられることにあります。

 今ではニトリなども行っている、間取りに合わせて家具のコーディネートを提案するという販売スタイルは、もとをたどるとIKEAが始めたことなんです。一度日本に進出しながらも撤退したIKEAは、2006年の再スタートにあたって日本の住まいを徹底的に調査し、店の中にIKEAの家具を配置した住宅のモデルパターンをつくり、日本の家にも合うのだと伝えたことで成功しました。

 現在でもお客様に合わせた部屋提案は行っており、2020年にオープンした原宿と渋谷の都心型店舗では若者に焦点を絞り、電車で通学する学生の部屋など細かくモデルパターンを用意していますね」(岩崎氏)

 一方、“IKEAの家具が引っ越しに不向き”だと言われているのは、昨日今日に始まった話ではないのだと岩崎氏は語る。

「“ニトリの家具と違ってIKEAの家具は一度分解したら再組み立てできない”というのはたびたび耳にしますね。実際、正しく分解・再組み立てをしなければ、穴が広がってネジが前と同じようにハマらなくなってしまう、強度が新品のときより落ちてしまうということは起き得ます。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合