NEW
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

在宅太りは3000円台のスマートウォッチで解消できる?1日数百歩の運動不足生活が改善

文=西山美紀/マネーコラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

在宅太りは3000円台のスマートウォッチで解消できる?1日数百歩の運動不足生活が改善の画像1
「gettyimages」より

 在宅勤務が続いている人も多いでしょう。外出することが減り、ネットでの買い物が増え、家にいる時間がどんどん長くなって、「在宅太り」が気になっている人も多いかもしれません。「外出しやすくなったら、スポーツジムに通った方がいいかな……」と考えている人もいるのではないでしょうか。

 とはいえ、先行き不透明な時代が続いています。新たな出費を躊躇している人もいるでしょう。そんなふうに考えているうちに、体重が増え、体が重くなり、動きたくなくなり、さらに体重が増え、着られる洋服が減って、さてどうしよう……という悪いループに陥ってしまうでしょう。

 実は、そんな悪循環に陥る前に、3000円ほどで解決する方法があるんです。筆者が少し前に購入して活躍している「スマートウォッチ」です。最近、いろいろな方にすすめているほど、気に入っています。

 7年ほど前に雑誌の体験談記事を担当して、さまざまなスマートウォッチを試しました。ただ腕につけているだけで、歩数だけでなく、睡眠の状況などを計測できて「なんて便利!」と感激していたのですが、当時は家の中で腕時計をつける習慣がないのと、少々高価だったため、その後は見送ってしまっていました。

 ところが、このコロナによる在宅時間アップにより、体重も見事にアップ。このままではいけない……と思い立ち、3000円ほどのスマートウォッチで歩数を計ってみることにしたのです。数年のうちに、こんなに安く、そしてつけていることを忘れるくらい、軽くなっていました。

 終日在宅の初日は、1日数百歩しか歩いていないことが判明しました。数千歩は歩いているかなと高をくくっていたのですが、1000歩すら到達しておらず、「これは太るわけだ」「やっぱり肩がこるわけだ」と愕然としました……。

 ずっとパソコンの前にいると、ほとんど歩きません。自由に外出していた頃は、打ち合わせで出かけて、駅の階段や乗り換えなどで歩くことも多かったですが、今はリモートの打ち合わせも増えました。家から一歩も出なくても、いえ、椅子から一歩も動かなくても時間は過ぎていきます。これは運動不足になるわけです。

 スマートウォッチをつけることで、誰にせかされることもなく、気軽に動くようになりました。動かなければ手元の数字は増えませんし、ちょっと動けば、それだけ数字が増えるという喜びがあり、歩数目当てに動くようになるのです。

 以前は面倒だなと感じるような、ちょっとした用事ができた場面で、手元のカウントが増えるという喜びにつられて、洗面所やキッチンなど、さっさと動くようになりました。

 また、徒歩10~15分くらいの外出では、以前は自転車に乗っていましたが、「歩数を稼げるチャンス」とばかりに、むしろ積極的に歩いて出かけるようになりました。運動につながるだけでなく、気分転換にもなっていいですね。

 すると、初日は数百歩だった自分がウソのように、1日4000~5000歩、または7000~8000歩くらい歩くようになりました。これは大きな進歩です!

『お金が貯まる「体質」のつくり方』 お金が貯まるかどうかは、年収の差だけではなく、お金の使い方や日々の生活習慣などの「体質」にありました。ストレスなく、幸せになりながらお金が貯まる人になるシンプルな習慣と考え方について紹介。人生をより豊かに、自由に生きるための37のコツをお伝えしています。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合