生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年の10・11月に立て続けに4機種がリリースされた「iPhone 12」シリーズ。毎回iPhoneの新作登場時には大いに注目を集めファンからは諸手を挙げて歓迎されるのが常なのだが、今回は少し様子が違った。ネット上で話題となったため読者のみなさんもご存知かもしれないが、バッテリー容量が減少しユーザーからは「バッテリーの持ちが悪くなった」という使用感の報告もたびたび漏れ聞こえてくる。スマートフォンを選ぶ際に「充電してどれだけもつか」が機種選びの上位条件に入る人も少なくない中で、アップルの決断はどう評価されたのだろうか…。
今回はあらためてiPhone 12のバッテリー容量の減少の理由とそれがもたらす影響について考えていきたい。

iPhone 12シリーズ、iPhone 11よりバッテリー容量1割減

 フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズの柏尾 南壮氏が分解調査したところによると、iPhone 12のバッテリー容量は2,815mAhだったという。近年のスマホは大型化のトレンドもあってバッテリーも大型・大容量化しており、容量が3,000mAhを超える機種も一般的…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合