ジワリ内容量減が進む外食チェーン、超絶コスパで“お腹いっぱい”になれるチェーン3選の画像1
はなまるうどんの店舗

 全国に展開する人気外食チェーンのリンガーハットは、小麦の国産化を達成した2010年から開始してきた「長崎ちゃんぽん」と「長崎皿うどん」の麺増量無料サービスを、先月28日をもって終了した。

 3月1日から「長崎ちゃんぽん」は東日本エリアで650円(税込、以下同)、「めん1.5倍」で700円、「めん2倍」だと750円となる。西日本エリアの場合は、それぞれ620円、670円、720円。同様に、「長崎皿うどん」は東日本・西日本エリア共通で680円、「めん2倍」だと780円だ。

 リンガーハットだけでなく、他チェーンでも同様に実質的な内容量減少の傾向は見受けられる。コロナ禍で多くの外食業界企業が窮地に立たされていることは明白だが、このような事態を招く要因は果たしてそれだけなのだろうか。

 フードアナリストの重盛高雄氏にその背景を解説してもらったうえで、「もっとたくさんの量を食べたい」と思っている人のために、どのチェーンが高コスパで食べられるか、おすすめのお店を聞いた。

外食業界で進む実質的な内容量の少量化、なぜ起こる?

 リンガーハットが麺増量サービスを終了したように、多くの外食チェーンは実質的な内容量減少の傾向がみられる。ズバリどういった要因からきているのだろうか。

「一番の理由は、原材料費の高騰にあります。どの外食チェーンの決算書を見ても、原材料費が前年同期比で5%程度上がっているんです。

 それは配送費の上昇と関係しています。かつて配送費が最低値だった時期に、従業員のサービス残業問題などを理由に、ヤマト運輸がアマゾンの配送から一部手を引きました。そういった背景から、現在では徐々に配送費が値上げされており、原材料費も上がっているのです。

 そのうえ、今はコロナ禍での巣ごもり消費によって宅配便の利用がますます増え、配送費はより上昇しています。また、売上減の外食業界は食材自体の配送が減っているため、食材のグラムあたりの宅配コストがかさんでいるのです。

 結果として、コストのバランスを取るため多くの外食チェーンは、まずは内容量を少なくするといった対応をせざるを得ないわけです」(重盛氏)

低価格でたくさん食べるなら日高屋、はなまる、松のや

 では、今でもコスパ上々でたくさん食べられる外食チェーンはどこか。

「中華チェーンの日高屋は、例えば『ラーメンと半チャーハン』といったセットメニューにすると、単品ずつ頼むよりもかなり安くなっておトクです。日高屋といえば、餃子を3つずつ追加できるなど“ちょい飲み”需要に応えている外食チェーンとして以前から有名でしたが、実はそれだけではなく、たくさん食べたい人の需要にも応えているんです。現に、コロナ禍においても客単価は落とさずに経営していますからね。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合