NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

碇容疑者、なぜママ友に“支配”され、わが子を餓死させた?夫の嘘の浮気を信じ込まされ離婚

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

碇容疑者、なぜママ友に“支配”され、わが子を餓死させた?夫の嘘の浮気を信じ込まされ離婚の画像1
「Getty Images」より

 福岡県篠栗(ささぐり)町のマンションで昨年4月、当時5歳の男児に十分な食事を与えず栄養失調状態にしたうえ、病院に連れて行くなど適切な治療を受けさせないまま餓死させたとして、母親の碇(いかり)利恵容疑者が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。

 驚くのは、母親の知人の赤堀恵美子容疑者も同じ容疑で逮捕されたことだ。福岡県警によれば、両容疑者は2016年4月、幼稚園の「ママ友」として知り合い、当時碇容疑者は結婚していたが、その後離婚し、シングルマザーとして餓死した男児を含む子ども3人を育てていたという。

 碇容疑者は、赤堀容疑者に信頼を寄せ、次第にその指示通りに行動するようになったようで、生活保護費や児童手当など月20万円前後の収入があったが、「元夫の浮気調査費」などの名目で、貯金も含め1000万円超を赤堀容疑者に渡していたという。そのため、赤堀容疑者は碇容疑者から現金や預金通帳をだまし取ったなどとして、詐欺や窃盗の疑いで逮捕、起訴されている。

 ちなみに、浮気や調査の事実はなかったらしいので、赤堀容疑者が碇容疑者に元夫の浮気について根も葉もない話を吹き込み、離婚するように仕向けた可能性も考えられる。碇容疑者が結婚したままだと、元夫から「そんなママ友とつき合うのはやめておけ」と助言されるかもしれないが、離婚して孤立した状態になれば、赤堀容疑者の支配を受けやすくなるからである。

 それにしても、なぜ碇容疑者は赤堀容疑者の話を真に受けて信頼し、その指示通りに行動するようになったのか? 赤堀容疑者の支配下に置かれ、金銭まで渡すようにもなったのは一体なぜなのか?

赤堀容疑者は「マニピュレーター(manipulator)」の可能性

 もしかしたら、赤堀容疑者は他人を操って支配する「マニピュレーター(manipulator)」かもしれない。「マニピュレーター」とは、文字通り「マニピュレート(manipulate)」する人であり、他人を思い通りに操ろうとする。

 厄介なことに、「マニピュレーター」は、うわべはいい人である場合が少なくない。赤堀容疑者も、外面はよかったからこそ、碇容疑者からの信頼を得ることに成功したのではないか。しかも、「マニピュレーター」は他人の不安や弱みを操ることにかけては達人であり、その正体を見抜くのは至難の業だ。

 もっとも、「マニピュレーター」の言いなりになるような支配-被支配の関係は、支配する側だけの要因で成立するわけではなく、双方の要因が密接にからみ合った結果である。それぞれの側の要因を挙げておこう。

支配する側の要因

1)相手が意識していない弱点をつくのが巧み

誰でも多かれ少なかれ弱点を抱えているものだが、「マニピュレーター」はどれが負い目を引き出すボタンか心得ており、それを巧みにつく。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合