NEW

蓮舫氏の国会軽視の行為は大問題だ…総理演説原稿を事前にツイート、謝罪せず削除

文=新日本帝國/政治・社会ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

蓮舫氏の国会軽視の行為は大問題だ…総理演説原稿を事前にツイート、謝罪せず削除の画像1
「Getty images」より

 1月18日通常国会開会日に立憲民主党の蓮舫代表代行が議会の慣例を逸脱し、総理の施政方針演説原稿の一部画像を事前にTwitterに投稿しました。

 こうした演説原稿は事前に与野党のほか、官邸記者クラブの大手マスコミにも知らされていますが、それは事前に質疑を作成したり、マスコミが記事発表したりするための準備のためであるものの、その原稿は本会議場で読み上げられて初めて、正式な発言と記録されるわけです。蓮舫代表代行が取った行為は明らかな国会軽視の大顰蹙行為で、与党のみならず身内の立憲民主党内からも批判の声が上がっているにも関わらず、ツイート削除で何事も無かったことのようにいけしゃあしゃあとしておられ、代わりに党が謝罪をするというまったくもって日本人の品格、所作として良い大人の取る行動ではないでしょう。

 いくら多重国籍問題をも明白にしていないとはいえ、まがりなりにも日本国の国会議員である以上は、こういう事ぐらいは日本人としての良識をもって対応をするべきではないでしょうか?

 このニュースで「へえ……演説原稿って事前に知らされるのか」と思われた方もおられるかと思いますので、今回は国会や地方議会の会議運営についてお話しします。

議会の4つの権利と原則

 本会議によって議決されたことは議会の最終意思決定ですから、本会議は大変権威ある機関でもあるのですが、そんな本会議のイメージは近くの議員と会話したり、居眠りしたり、携帯をいじったり、採決をすれば牛歩戦術などと、およそ不真面目に見える事ばかりが思い起こされるでしょう。

 こうなってしまう理由は、本会議が実は「決められたシナリオを消化する場」となっているからと言っても過言ではないと思います。

 本会議は会社の会議などと違い、自由に発言し議論ができる場ではありません。

 本会議で行われるのは先に述べた総理や首長による施政方針演説や各会派代表質問、一般質問が行われ、議案などは委員会へ付託されます。

 その「委員会」で付託された議案や陳情、請願について自由闊達な議論が行われます。

 委員会には常任委員会、特別委員会と議院(議会)運営委員会があります。

 国会の議院運営委員会、議会運営委員会は議会を円滑に運営するために、会派の代表者が集まり、議会の運営に関する事項を協議する委員会で、地方議会では条例に基づき設置され、省略して「議運」と呼ばれます。

 議運では本会議の日程、議題、発言者、時間、採決方法など本会議の運営に関する協議を行い、委員会や調査会を設置します。

 委員会では自由な議論が交わされると書きましたが、それもバズセッションやブレインストーミングのようなフリートークが出来る場ではなく、会議の作法に則って行われます。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合