生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

iPhoneの人気、およびアップル躍進の数字がまたひとつ判明した。なんと2020年に日本で販売されたスマホのほぼ半数の端末はiPhoneだったとのことで、世界でも2020年はトップセールスを記録しているよう。アップルにとっては大躍進の1年になった様相だ。iPhone12が好調な売れ行きを見せていることが直接の要因のようだが、スマホ=iPhoneのイメージは日に日に増しているように感じずにはいられない。ワイヤレスイヤホンのAirPodsやパソコンのMacなどアップル経済圏内の1商品を使用すれば、互換性からもデザイン性からも、アップル製品を揃えたくなったという感想をもつ人は数多く見受けられたように感じる。今後の製品には多くの期待が懸かるが、万が一ウワサの折りたたみiPhoneが発売されるようなことになれば、更に販売台数を爆発的に増やしそう。iPhoneの躍進について追いたいと思う。

iPhoneのシェア率は半分以上

 上述の通り、調査会社IDCが2020年の日本でのスマホ売上について報告書を公開し、通年で販売されたスマホのほぼ半数がiPhoneだったことが明らかになった。具…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合