小室哲哉、不倫釈明会見で「非人道的な嘘」…“KEIKOの知的レベルは小4”“介護疲れ”の画像1
小室哲哉

 天才音楽プロデューサーが釈明会見で放っていた“ついてはいけない嘘”がバレた――。

 先月26日に音楽プロデューサーの小室哲哉との離婚を発表した、globeボーカルのKEIKOが、本日(4日)発売の「女性セブン」(小学館)の単独取材に応じている。

 小室は2018年に自身の不倫疑惑に関する釈明会見で、11年にくも膜下出血を発症して実家のある大分県で療養中だったKEIKOについて、

「小学4年生レベルの漢字ドリルをやっている」

「大人の女性に対してのコミュニケーション、会話のやりとりは日に日にできなくなっていった」

と説明。さらに、看護師の女性と不適切な関係を持ったとされた理由について「(KEIKOの介護で)僕も疲れ始めてしまったところは3年くらい前からあった」と釈明していた。

 これについてKEIKOは今回「セブン」の取材に対し、「実際には、病後、いまと同じように日常生活はなんら問題なく送れています。彼を含めた誰からも介護どころか、介助すらしてもらう状況にありませんでした」と告白。さらには「私の知的レベルが小4ぐらいだという印象を、世間に植え付けられた」などと語り、小室の嘘を批判している。

「KEIKOは記事のなかで音楽活動復帰に向けた意欲も語っていますが、所属事務所のエイベックスがKEIKOの復帰に向けて本格的に始動し、『セブン』の取材に応じたということでしょう。逆にいえば、小室を完全に見限った証とも受け取れます。

 小室はすでにエイベックスの所属ではないものの、かつての功労者である小室との関係は完全には絶たれておらず、陰に陽にサポートしているという見方もありました。小室が10年以上前に詐欺容疑で逮捕された際に損害賠償金などのために事務所の幹部に借りた金も、まだ返済が終わっていないようですしね。

 しかし、今回KEIKOにここまで小室の酷い仕打ちを話すことを許したというのは驚きです。KEIKOと事務所が公に小室との決別を宣言したと受け止められています」(スポーツ紙記者)

 当サイトは3月1日付記事『小室哲哉、不倫相手と再婚意思で4度目の結婚?KEIKOへ非情な仕打ち、非常識な金銭感覚』内で小室の置かれた現状について報じていたが、今回、改めて再掲載する。

――以下、再掲載――

 音楽プロデューサーの小室哲哉と、globeボーカルのKEIKOが離婚したと先月26日、発表された。KEIKOは2011年にくも膜下出血を発症し、実家のある大分県で療養中だったが、18年に「週刊文春」(文藝春秋)で小室の不倫疑惑が報じられた後、離婚調停に入っていた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合