無印良品“優秀すぎる”と話題の冷凍食品5品…塩こうじからあげ、キッシュ、サムゲタンの画像1
無印良品「塩こうじからあげ」

 2021年1月度の売上高は前年同月比122.4%と、コロナ禍でありながら好調な伸びを見せているのが、無印良品を展開する良品計画である。雑貨、日用品、家具、インテリア、衣服まで幅広く取り扱っている無印良品は、食品類も豊富で本格レトルトカレーなども有名だ。

 そんな無印良品の食品類のなかで、大型店舗やネットストアで購入できる冷凍食品もかなり優秀だというのは、無印ファンであれば誰もが知るところ。無印良品の冷凍食品は化学調味料、合成着色料、香料が不使用というのをウリにしつつ、家庭料理のような優しい味付けと幅広いバリエーションのメニューが魅力となっている。

 ところでリモートワーク中のランチなどで、何を食べようか悩んだことはないだろうか。わざわざ自炊して作るもの億劫だし、コンビニまで買いに行く手間も惜しい――そんな方々におすすめしたいのが、無印良品の冷凍食品なのである。

 そこで今回、ランチや小腹が空いたときに最適な無印良品の冷凍食品を5品厳選したので、紹介していきたい。

塩こうじからあげ/390円(税込、以下同)

 一見普通のからあげだが、冷凍からあげ食品のなかでもトップクラスの美味しさなのが、こちらの「塩こうじからあげ」。

 国産鶏むね肉を塩こうじに漬け込んでから揚げているので、肉質が柔らかいのが特徴。むね肉オンリーで脂身や鶏皮などの高カロリーな部分は見られず、あっさりしているのにパサパサ感はなくしっとりしている。

 味付けは塩麹から来ているであろうほんのりとした甘みが感じられ、外食や他の冷凍食品にありがちなコッテリ感はない。化学調味料不使用ということもあり、限りなくナチュラルな印象だ。

 また、冷凍のからあげといえば分厚めの衣があり、解凍時の水分によりベチョッとなってしまい残念な食感であることが多いが、こちらは米粉を使用したあっさりとした薄い衣に包まれており美味。冷凍からあげとしてベストな調理のように感じられた。

無印良品“優秀すぎる”と話題の冷凍食品5品…塩こうじからあげ、キッシュ、サムゲタンの画像2

鶏肉とほうれん草のハンバーグ/390円

無印良品“優秀すぎる”と話題の冷凍食品5品…塩こうじからあげ、キッシュ、サムゲタンの画像3

 ほうれん草や玉ねぎといった具材の風味がしっかり感じられる、鶏肉ベースの「鶏肉とほうれん草のハンバーグ」。原材料の鶏肉、玉ねぎ、ほうれん草はすべて国産。その他はつなぎ、豆腐、砂糖、食塩、醤油、香辛料、凝固剤となっている。

 そのまま何も付けずに食べても十分に美味しいし、例えば和風出汁のあんかけを上にかけたり、野菜と一緒に煮込んだりしても合いそうだ。素材が生かされている商品なだけに、さまざまなアレンジをして楽しめそうな逸品で、1袋(ミニサイズのハンバーグ5個入り)200gで360kcalといったヘルシーさも嬉しい点だ。

 一個一個はお弁当のおかずにも最適な小さめサイズだが、分厚さがあるので意外と満足感がある。日々のおかずへのプラス1品やおつまみなど、幅広く活躍してくれそうである。

無印良品“優秀すぎる”と話題の冷凍食品5品…塩こうじからあげ、キッシュ、サムゲタンの画像4

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合