NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

激変する大学生活は学生にどう影響したのか?オンライン授業が多いほど充実度が低下

文=木村誠/教育ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

激変する大学生活は学生にどう影響したのか?オンライン授業が多いほど充実度が低下の画像1
「gettyimages」より

 朝日新聞の投書欄に、大学の対面&オンライン授業に関する意見が載っていた。20歳の学生は、コロナ禍に悩む業界の努力を挙げて「大学で本当に対面授業が現在必要なのかを考えるべきだ」という意見であった。一方で、68歳の女性非常勤講師は「大学のオンライン授業で、参加する学生が画面や音声をオフにしていて交流が少ないので、学生に授業の感想やおすすめ本を呼びかけたら、予想以上の反響があった」と喜んでいた。

 オンラインでは画面が小さいだけに、参加する学生が積極的に発信しないと、知的な刺激も少ないようだ。かといって、コロナ禍では対面授業が自由にできない事情もある。大学の先生方も試行錯誤であろう。

 当の大学生たちは、その点をどう考えているのだろうか。2020年秋に全国の国公私立大学の学部学生を対象として、全国大学生活協同組合連合会が大学生活の現況と充実感を問うた調査がある。郵送あるいはメールで質問し、ウェブで回答する方式だ。調査の概略は、住まい、登校状況・サークル・就職、生活時間・政治への関心、暮らし向き・アルバイト・奨学金・1カ月の生活費などである。

 調査結果は、大学設置者・大学の規模などの構成比を考慮し、経年の変化をより正確にみるために指定した30大学生協の1万1028名の平均値である。サンプルの特性を見ると、国公立56.1%、私立43.9%。文系52.7%、理系34.3%、医歯薬系13.0%となっている。

1年生ほど弱まる大学生活への充実度

 大学生活の満足感のベースになる充実度について、「充実している」「まあ充実している」「あまり充実していない」「充実していない」の4択から選ぶ設問では、「充実している」(「まあ」も含む合計、以下同)と回答した比率は、2019年秋は4学年合計で88.8%だったのに、2020年秋には74.2%と減っている。その落ち込みは1年生ほど激しく、56.5%と2019年の 89.3%より32.8ポイントも急落している。

 調査結果から、充実度は登校日数や対面授業・オンライン授業と相関が高いことがわかった。たとえば、2020年度は1年生では登校日数が多いほど「充実している」と回答する率が高くなっている。1週間の登校0日では充実度41.2%なのに、5日では76.2%となる。全学年でも同様の傾向があり、2020年は1週間の登校日数が多くなるほど、「充実している」という回答が増加している。

 2019年は、1・3・4年は登校0日では充実度が低いが、2年は登校0日でも充実度は登校2日以上よりも高い。2019年は、充実度と登校日数の関係が比較的薄い。2019年は自分の意思で登校を決めていたのに対し、2020年はコロナで登校したくてもできない状況が生んだ、心理的な差であろう。ちなみに、週の登校日数は全学年で2020年は0日が最多だが、2019年は5日が最多となっている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合