生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモの「ahamo」発表で始まったスマホの料金競争。先日、「ahamo」が1回5分かけ放題込で月額2,700円に値下げを発表したばかりだが、さっそくソフトバンクの「LINEMO」がこれに対抗。かけ放題プランを1年間500円割引きになる「通話オプション割引キャンペーン」を実施すると発表した。これによって1年間は「LINEMO」がかけ放題込の料金で月額2,480円と最安値になったが、果たしてどこまでスマホ料金の値下げ競争は続くのだろうか……。

3大キャリアのスマホ料金競争がさらに激化!

 2020年12月3日、ドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。これに対しライバルたちもすぐに動きを見せる。au(KDDI)は1回5分かけ放題を500円のオプションとした月20GBで月額2,480円の「povo(ポヴォ)」を発表して対抗。のちにソフトバンクもこれに追随し、1回5分かけ放題をオプションとする「LINEMO(ラインモ)」を発表する。  ところが、2021年3月1日になると、今度はドコモの「ahamo」が、…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合