池田組の新代紋
業界内で拡散されたという池田組の新代紋

 緊急事態宣言が解除されてまだ間もない兵庫県で銃声が鳴り響いた。

 それは3月3日のこと。西宮市内のとある運送会社の社員寮に4発もの銃弾が撃ち込まれたのだ。この一報を聞いた限りでは、同企業がなにか不穏なトラブルでも抱えていたのではないかと予想する向きもあるだろうが、事件後すぐに業界関係者は違う見解を示した。事件の背景には、六代目山口組分裂問題が関係しているのではないかというのだ。

 実は発砲された社員寮は、かつては神戸山口組二次団体傘下組織の事務所だったところで、六代目山口組分裂以前、一時はその二次団体本部も置かれていた。そうした経緯からも、現在も神戸山口組系関連施設だと認識している何者かが発砲したのではないかと推測されたのだ。

 「それを連想させるかのような情報もあった。今回発砲された場所をかつて本部として使用していた組織の上層部が、2月末に何らかの重大な方針を固めるのではないかと、SNSなどでも話題となったのだ。分裂問題にも大きく関係するもので、結論からいえば、それはデマだったが、そうした背景から、何者かが神戸山口組の関係先と間違って発砲した可能性があるのではないか」(業界関係者)

 つまり、誤情報ではあったが、神戸山口組系組織による、ある“重要な決断”を不満に思う勢力がいたのではないかというのだ。なお、この事件については、当局も分裂問題との関連性を調べているという。

 一方で、六代目山口組では新たな通達事項があったという。

 「通達は3つあったといわれている。ひとつは、幹部職にあった組長が若中へと変わったこと。それから、もともと神戸山口組二代目熊本組にいた若頭らが、六代目山口組二代目若林組へと加入したというもの。そして、中田浩司組長率いる五代目山健組に関するもの。五代目山健組に対して、六代目山口組では、引き抜きすることや手を出すことを禁じたようだ」(捜査関係者)

 現在、五代目山健組は依然として、神戸山口組を離脱した中田組長派と神戸山口組に残留を決めた勢力とに分派している。今回の通達でもわかる通り、六代目山口組サイドでは、そのうちの中田組長派は敵視していないのではないかと見られている。

「あくまで、同じ菱の代紋を使用している神戸山口組勢力を壊滅させることを先決としているということではないでしょうか。菱の代紋を下ろし、組織名を改名させた絆會サイドに対しても、それ以降、六代目山口組サイドが攻撃したという話は聞こえてきていません」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト)

 つまり六代目山口組にとって、神戸山口組を解散させることこそが分裂問題の終結であり、その神戸山口組から分派した組織に対しては、現在、大きな動きを見せていないということだ。

 一方で、絆會や中田組長派と同じく神戸山口組から離脱した池田組が、ここに来て、独自の代紋を掲げたのではないかといわれている。

 「池田組の新代紋として業界関係者に出回ったものは、丸の中に池田組のイニシャルであるIの文字が刻まれているという斬新なもの。絆會にしても五代目山健組にしても、独自の代紋は今のところ発表していない。そうした中で池田組が代紋を作ったということは、今後も独立した組織運営を行っていくという決意の現れになるのではないか」(某二次団体幹部)

 山口組の分裂問題の解決には、まだ時間が必要とされるのかもしれない。ただ、西宮での発砲事件からもわかる通り、いつ何が起きるかわからないという緊迫感は依然として続いている。

(文=山口組問題特別取材班)

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合