静岡放送社長、不倫報道で“辞任”表明も……お相手・原田亜弥子アナは「昇進」撤回ならず、メディアにタレコミが殺到!?の画像1
静岡放送『Soleいいね!』公式サイトより

サイゾーウーマンより】

 テレビ局社長が自身の“不倫報道”で辞任を発表するという、前代未聞の出来事が起きた。3月5日発売の「フライデー」(講談社)が報じた、静岡放送(SBS)・静岡新聞社社長の大石剛氏と、同局の原田亜弥子アナウンサーの“ダブル不倫疑惑”を受け、同日、同局は公式サイト上で大石氏が辞任の意向であることを発表。

 しかし、大石氏は不倫に関して認めておらず、そもそもこのニュースが注目されなければ「社長も原田アナも、何事もなかったかのように仕事を続けていた」(静岡放送関係者)と言われているようだ。

 静岡放送は5日朝、公式サイト上に「社としてのコンプライアンスへの取り組みが不十分であったことを厳粛に受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、一丸となって取り組んでまいります」などと謝罪文を掲載。その後、夕方には「報道されたような不適切な関係は一切ありませんでしたが、今後は誤解を与えないような行動をとるように留意してまいります」といった大石氏のコメントとともに、「今後このようなことがないよう一丸となって取り組んでまいります。なお大石は社長を辞任する意向です」と発表した。

 また、同局の夕方の情報番組『ORANGE』内でも、大石氏の辞任について伝えられたという。

「しかし局内には『どう考えても“一丸”にはなっていないだろ』と、かなりシラけたムードが漂っています。原田アナも、今後しばらくはレギュラー番組の出演を見送ることになっていますが、『フライデー』発売前日、記事を見た大石社長は『不倫ではないから問題はない』『(番組出演も)原田の好きなようにさせてやれ』と、まるで意に介さない様子だったとか。ところが、ネット上を中心に『フライデー』記事が広く拡散され、バッシングを受けたことで、局内でも反発の声が大きくなり、方針転換を行うこととなりました」(同)

 一方の原田アナも、6日放送のレギュラー番組『満開ラジオ樹根爛漫』(SBSラジオ)に、何事もなかったかのように生出演する意向だったという。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合