NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

コロナ、19年時点で武漢に12種のウイルス株存在…中国政府、発見から9カ月調査せず

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
コロナ、19年時点で武漢に12種のウイルス株存在…中国政府、発見から9カ月調査せずの画像1
「Getty Images」より

 世界保健機関(WHOは3月5日、「中国湖北省武漢市で実施した新型コロナウイルスの発生源などに関する現地調査の結果を3月15日の週に発表する」との見通しを示した。当初は「概要を2月中旬に公表し、詳細な報告をその数週間後に出す」としていたが、1度にまとめることになった。

 公表方法を変更したことについて、WHOの武漢調査団のエンバレク団長は「この報告書に対する関心があまりにも大きく、概要では人々の好奇心を満たすことができないから」と述べている(3月4日付ウォール・ストリート・ジャーナル)が、米ホワイトハウスの報道官は5日、バイデン政権が関与して、概要の公表を差し止めたことを明らかにした。「データの出所が不透明であり、現時点の調査報告が公表された場合、謝ったメッセージが世界に発信される恐れがあった」というのがその理由である。

 報告書は、WHOの国際調査団と中国側が共同で執筆することになっているが、両者の間には見解の相違があるといわれている。WHOのテドロス事務局長は執筆に関し「すべての点で意見が一致する必要はない。異なる意見も併せて記載すればいい。結果はすべて透明性を持って公表する」と語っているが、はたして大丈夫なのだろうか。

 エンバレク氏が2月9日に中国で行った記者会見はなんとも歯切れの悪いものだった。主な内容は以下のとおり。

(1)  新型コロナウイルスを人へと感染させた宿主動物はいまだ特定できていない

(2)  同ウイルスが武漢市内の研究所から流出した可能性は低い

(3)  2019年12月以前に武漢市内に同ウイルスが広がっていたと結論づけるには証拠が不十分である

(4)  同ウイルスがコールドチェーン(低温物流)の製品に付着して長い距離を移動した可能性がある。

 そのいずれも「中国寄り」であったことから、国際社会の間では「WHOの武漢調査団は、どこまで真実に迫れるのだろうか」との疑念が頭をもたげていた。

発源地が華南水産市場以外の可能性も

 しかし、WHOの武漢調査団は帰国後、中国側にとっては極めて都合の悪く、かつ貴重な証言を行うようになった。

 武漢市からスイスに戻ったエンバレク氏はCNNのインタビューの中で、「武漢市では2019年12月時点ですでに12種類以上のウイルス株が存在していたことを突き止めた」ことを明らかにした(2月15日付CNN)。中国の専門チームから情報提供を受けて調査した174の症例はいずれも重症だった可能性が高く、この数の多さから判断すると、武漢市では2019年12月時点で1000人以上が感染していた可能性がある(感染者のうち約15%が重症化すると仮定)という。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合