前田敦子、必死の売り込み連発でバラエティにも進出か…離婚をめぐる小倉優子との差の画像1
前田敦子

 前田敦子の“ある姿”に注目が集まったのは、2月22日のことだった。かねてから一部で夫・勝地涼と離婚協議中と報じられていたが、「スニーカーベストドレッサー賞2021」の授賞式に出席した前田の左手薬指に結婚指輪がなかったのだ。

 周囲から寄せられていたであろう“熱視線”にも気後れすることなく、前田は1歳の長男をスニーカーデビューさせたことを告白。「今はおそろいのものもいっぱいあるので、思わず買っちゃいます」と語ったという。

制作会社に自身を売り込む前田の思惑

 そんな前田周辺の動きは、ここにきて一気に活発化してきた。前田はAKB48時代から14年間在籍した太田プロダクションを昨年末で退所し、現在はフリーとして活動している。業界内では、こんな証言もある。

「各制作会社のプロデューサーレベルには、すでに『自分を使ってくれ』という売り込みが来ています。おそらく、女優活動を本格的に再開させるだけでなく、一気にバラエティにも進出していく魂胆だと思われます。たとえば、同じ元AKBメンバーとYouTubeでコラボしたり、またVTRを見るだけだったり、さらには適度に演技が求められる『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)のようなバラエティに進出することは容易に想像できます。ちなみに、指原莉乃は2月19日のYouTubeチャンネルの中で『(前田と)用事があって、さっき連絡とりました』と明かしていました」(テレビ局関係者)

 現在、前田は人気作に続々と起用されている。

 まずは、テレビ東京の人気ドラマシリーズ『バイプレイヤーズ』の最新作『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』に追加キャストとして登場。さらに、この春公開予定の劇場版『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら』にも名を連ねている。

 また、3月19日公開予定の映画『奥様は、取り扱い注意』にも出演する。同作は2017年10月クールに放送され、平均視聴率12.7%を記録した連続ドラマの劇場版。もともと2020年6月に封切られる予定だったが、新型コロナの影響で延期となっていた。

「前田は『奥様は~』の番宣のため、2月21日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に登場。AKBで同じ1期生の板野友美の結婚について、コメントを寄せています。また、前田は3月2日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(同)にも出演。子どもが部屋の鍵を中から閉めてしまい、出られなくなったエピソードを語っていました。ちなみに、この『行列』でも『仰天』でも薬指に指輪はありませんでした」(同)

『家、ついて行って』で謎のカットシーン

 また、前田は前述の『バイプレイヤーズ』の番宣のため、3月3日に放送された『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)にもゲスト出演した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合