NEW
すぎもとたかよし「サラリーマン自動車ライターのクルマ業界ナナメ斬り!」

新型ヴェゼル、陶器のような質感とシンプルさに感嘆…ホンダデザインの方向転換は本物か?

文=すぎもと たかよし/サラリーマン自動車ライター
【この記事のキーワード】

, ,

新型ヴェゼル、陶器のような質感とシンプルさに感嘆…ホンダデザインの方向転換は本物か?の画像1
ホンダの新型ヴェゼル

 2月18日、4月の正式発表・発売に先駆けて内外装が公開されたホンダの新型ヴェゼルが、結構な話題になっているんである。

 ヒット作となった現行型は、日産自動車の初代ジュークが開拓したコンパクトSUV市場に送り込まれたオールニューモデル。極めて強い個性を放つジュークに対抗するべく、丸みを効かせたシルエットに大胆なキャラクターラインをボディサイドに走らせた。

 その適度な「冒険」は、結果、ライバルよりも幅広い層にウケたわけである。当然、7年ぶりにモデルチェンジされる2代目はその初代を踏襲したスタイルになると予想され、実際雑誌のスクープ画像はどれも現行を強く意識したものだった。

 ところが、先行サイトで公開された2代目に現行の面影はほとんどなく、その新しいスタイルに話題が集中、それも否定的な意見が少なくない状況なのだ。

 たとえば、ボディ同色のグリルを含め現行型からかけ離れたスタイルに違和感を呈するストレートなもの。あるいは、新しい六角形のグリルがマツダ車に酷似しているなんて話もあって、これは自動車専門サイトで記事にもされている。

 で、スタイルの「好き嫌い」は個人によるけれど、冷静にカーデザインの善し悪しとして見ると、そうした意見は少々短絡的にも思える。いや、僕自身はかなり上手いところに着地したと感じているのだ。

新型ヴェゼル、陶器のような質感とシンプルさに感嘆…ホンダデザインの方向転換は本物か?の画像2

 新型フィットのときにも書いたけれど、ホンダのデザインはここに来て大きく変わりつつある。以前は「エキサイティングHデザイン!!!」という随分なコンセプトの下、たとえば先代フィットのボディ側面の「切り欠き」ように、極めて表面的な造形に突き進んでいた。妙にシャープな顔つきもそのひとつだ。

 それが、四輪R&Dセンターデザイン室のクリエイティブディレクターに現在の岩城慎氏が着任したあたりから、「シンプル」な方向に大きく舵を切ったように見える。いや、デザインに限った話ではなく、商品企画全体としての変化と言ったほうがいいかもしれない。

 たとえば新しいN-WGN。もともと軽のNシリーズは、ユニクロのブランディングなどで知られる佐藤可士和氏のディレクションが徹底されていたとはいえ、「New Simple!」のコピーで登場したボディはそれまでにないクリーンな佇まいを見せた。

 このN-WGNは「生活になじむデザイン」を標榜したけれど、その後の新型フィットも脱数字主義としての「心地よい体験」を開発テーマとし、「シンプルなデザインをもっと親しみやすく」と謳った。さらに、話題のEVである「Honda e」はまさにシンプルの極みである。

新型ヴェゼル、陶器のような質感とシンプルさに感嘆…ホンダデザインの方向転換は本物か?の画像3
現行型ヴィゼル
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合