NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

津波で本社や工場が壊滅…かもめの玉子「さいとう製菓」、全社員160人の命を救った行動

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

津波で本社や工場が壊滅…かもめの玉子「さいとう製菓」、全社員160人の命を救った行動の画像1
かもめの玉子

 未曾有の被害を出した東日本大震災から、10年目の3月11日を迎えます。銘菓「かもめの玉子」を製造・販売するさいとう製菓株式会社(本社:岩手県大船渡市)は、本社をはじめ、三陸沿岸にある5つの店舗と和菓子工場が全壊しました。被害総額3億1000万円という莫大な被害を出し、その後もいくたびもの艱難辛苦が同社を待ち受けていました。同社のこの10年を振り返りながら、被災された方やコロナ禍で苦しんでいらっしゃる方々にヒントと元気をお届けします。

 ほくほく、しっとりとした黄味餡をカステラで包み、ホワイトチョコでパリっとコーティングした「かもめの玉子」は、今や東北を代表する銘菓です。このお菓子を製造・販売しているさいとう製菓の齊藤俊明会長(震災当時は社長)は、その日、盛岡にいました。2011年3月11日午後2時46分、親戚のお見舞いのため盛岡に出かけ、昼食を取るために百貨店に立ち寄った時のことです。齊藤会長は「建物が倒壊すれば命は助からない」と脂汗をタラタラ流しながら、なんとか地下の駐車場にたどり着きました。道路に出たものの、信号が停まり、大渋滞で車はほとんど動きません。

 盛岡から本社のある大船渡までは約120キロ、普段は車なら2時間程度で帰れるはずが、ようやく帰れたのは約4時間後の午後6時半になっていました。その間、車中のラジオからは絶望的な情報ばかりが流れます。大船渡に入った時に駅前のビルが遠く離れた山手に流れついている様子を見て、「もう大船渡市は全滅だ。せめて社員、取引先の方、家族は無事でいてほしい」と祈ったといいます。

 悲しいほどに予想は的中しました。市内に戻った時には津波は引いた後でしたが、本社の周辺は壊滅状態(写真)でライフラインも切断され、あたりは真っ暗でした。写真にある青い看板の位置まで津波が来て本社を丸呑みし、その高さは8.5メートルにも及びました。豊かな恵みを与えてくれていた三陸の海が、一転して猛威を振るったのです。

津波で本社や工場が壊滅…かもめの玉子「さいとう製菓」、全社員160人の命を救った行動の画像2
津波の被害を受けた、さいとう製菓

「さすがに自宅はだめだろう」と諦めていた齊藤会長でしたが、周囲一帯の家が流されたなか、2階の床上1メートルまで浸水し、津波で流されてきた家がぶつかった衝撃で、1階の柱が8本も流されていました。しかし、高い技術を誇る“気仙大工”が建てた頑丈なつくりの屋根は、見事に持ちこたえたのです。

 ほっとしたものの、家族の姿はどこにもありません。必死で動揺を抑えながら、安否確認のために病院や市民会館、小学校へと車を走らせましたが、どこも暗闇にもかかわらず、満員電車のように大勢の人が押し寄せ、一歩も進めません。

 不安だけが高まるなか、外に出ると身を切るような寒さです。当日の大船渡市の気温はアメダスの観測値によれば、午後3時半で3.3℃、最低気温は -4.4℃、夜間には小雪も舞い散っていました。ようやく高台にあった同社の役員の自宅にたどりつき、おおよその全社の被害と社員の安否を聞き出せたのです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合