【完了】NHKの申し子黒島結菜、朝ドラヒロイン抜擢は必然…すでにNHKで14作品に出演の画像1
「黒島結菜オフィシャルInstagram」より

 2022年度前期の朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)のヒロイン・比嘉暢子役を、女優の黒島結菜が務めることが発表された。ドラマの舞台は、黒島の出身地でもある沖縄県で、その北部のやんばる地方(架空の町)になるという。

 ここでひとつ注目したいのは、ヒロインに抜擢された黒島だ。彼女のことを見覚えはあっても、ファンでなければその経歴や人となりまでは知らない人も多いのではないだろうか。そこで今回は、新朝ドラヒロイン・黒島結菜について深掘りしていきたいと思う。

 1997年3月15日沖縄県糸満市生まれの彼女は、小学生時代はバスケットボール、中学生時代はバドミントンや陸上に打ち込むスポーツ少女だった。そんなごく普通の女の子の運命が変わったのは2011年、中学3年のときである。母親から「社会に出たら、どんな職業でも自分のことをアピールするのはいい経験になる」と勧められ、地元のある企業のイメージガールコンテストを受けた。そこで特別賞の”沖縄美少女図鑑賞”を受賞し、同誌にモデルとして出演することになる。それが現在の事務所関係者の目にとまり、芸能界デビューを果たしたのである。

 翌12年4月から教養バラエティ番組『テストの花道』(Eテレ)に”マッシュ”のニックネームでレギュラー出演し、本格的に芸能活動を開始。当時はまだ現役の高校生で、沖縄と東京を往復する日々が続いた。それでも13年1月公開で沖縄復帰40周年記念作品『ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を~』で映画初出演。さらに同年1月クールの連続ドラマ『dinner』(フジテレビ系)の第9話にゲスト出演ながら、連ドラ初出演を果たすなど、まずまずの女優人生をスタートさせている。

 最初に注目を浴びたのは、13年11月から放送された1本のテレビCMでの好演だった。NTTドコモ「docomo LTE Xi」のCM『想いをつなぐネットワーク篇』に出演し、なかなか来ない彼をけなげに待つ少女を繊細に演じたのだが、セリフはなく表情と仕草だけで演じたのだ。”間に合わないかも”というせつない表情から、彼の「今出たよ」という連絡に喜ぶ姿は、まさに演技を超えたリアリティショーのそれであり、広く共感を呼ぶこととなったのである。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合