NEW

ヒカキン、“弟”の悪行を謝罪?東海オンエアの“クソゲー”にファン歓喜…注目ニュース3選

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

 注目度が高く、話題も豊富な人気YouTuberたち。2月26日~3月4日にかけて、彼らにどんな動きがあったのか、気になる3組をピックアップした。

なぜヒカキンが謝罪?

 2月28日配信の動画で“注意喚起”を行ったヒカキン。冒頭から「うちの弟が申し訳ございません」と語り始めたものの即座に「って、(弟は)いねぇよぉ!」と、弟の存在を否定。ヒカキンいわく、“弟”を名乗る人物がバーで女性をナンパするなど悪さをしているようだ。

 女性がその人物に口説き落とされかけたと報告したヒカキンは、「僕でもあんまモテないのに」と自虐モード。また知人女性がヒカキンの名前をエサにする男と遭遇していたことも明かし、視聴者からは「人気者は大変だな」「ヒカキンの知人相手に名前出すって確率すごくない?」といった反響が寄せられている。

東海オンエア、クソゲーを配信!

 東海オンエアは2月28日に投稿した動画で、「文理対抗 秀逸なクソゲー対決」を敢行。クソゲーをプレイするのではなく“制作する”という対決で、なんと勝利チームには実際にゲームが配信されるという“ご褒美”が提示された。

 判定を経て勝利を手にしたのは、全11面のクリアを目指すシューティングゲーム「僕は地球以外を見たことがない」を手がけた文系チーム。ゲームをダウンロードしたファンからは「本当にクソゲーで逆に面白いわ」という声が寄せられているが、理系チームの「登場人物全員しばゆーの美少女ゲーム」のほうが気になるという人も多いのではないだろうか。

“けじめ”をつけたワタナベマホト

 未成年女性への“わいせつ写真要求”が明るみに出て、批判を浴びていたワタナベマホト。3月2日投稿のTwitterで「被害に合われた方に大変な苦痛を与えてしまったこと、心よりお詫び申し上げます」(原文ママ)と謝罪し、“けじめ”としてYouTuber引退を宣言した。

 トップYouTuberだったマホトは13年間も活躍していただけに、不祥事による引退宣言を受けてネット上は騒然。「本当にがっかり。引退で済む話じゃないよ」「潔く謝罪したのだから残りの人生は真面目に生きてほしい」など、賛否を含めさまざまなコメントが飛び交っている。果たして彼の再起はあるのだろうか。

 人気者ゆえに注目を浴びるYouTuber。明るい話題で視聴者を楽しませてほしいものだ。

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合