加藤浩次、吉本からの粛清説が再燃 エージェント契約終了に「僕もびっくりしてる」の画像1
Getty Imagesより

正解のないWEBマガジン〜wezzyより】

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、吉本興業との「専属エージェント契約」終了について、3月10日の『スッキリ』(日本テレビ系)で言及した。

 加藤が吉本興業とエージェント契約に至った経緯はこうだ。2019年7月、宮迫博之や田村亮をはじめとした吉本興業所属芸人の闇営業騒動が勃発。加藤は宮迫と田村亮に対する吉本の態度に批判的で、『スッキリ』では現在の会長と社長の体制が続くのであれば、吉本を辞めると啖呵を切った。その後、加藤は吉本の上層部と話し合いを重ね、専属エージェント契約をするというかたちで落ち着いたのだ。

 冒頭の『スッキリ』で加藤浩次が明かしたところによると、専属エージェント契約の終了は吉本側から切り出されたものであり、自分としては契約を更新したかったという。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合