NEW

Twitterは「闇落ち」ツール? SNSで見る心の健康状態の調査結果発表された

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

突然、「あなたの使っているSNS、孤独な人が使いがちなサービスですよ」と言われたらあなたはどう感じるだろうか。日頃気軽に使われているSNSだが、利用するSNSの種類によって心の健康状態に差異があることが明らかとなった。なんと「LINE」のユーザーは心の健康状態が比較的良いのだといい、逆に「Twitter」でよくつぶやくユーザーは孤立感を感じやすいという。
今回は、この調査の発表内容や、そこから見えてくるSNSの特性についてお伝えしていきたい。

LINEの利用は精神的に良い?

 SNSといえば、スマートフォンが普及しデジタル化の進む近年においては無くてはならないサービスと言えるだろう。今回の調査でもLINEの利用率は18~29歳の若年層ではおよそ90%という高い利用率を誇り、60~69歳の世代でも約50%が利用しているなどその普及ぶりがあらめて明らかとなった。また、この調査でLINEの次に利用率の高かったTwitterも、若年層を中心に普及していることがうかがえた。  一方で、利用状況と精神的な健康との関連性を調べると、「全世代を通じてLINE利用者では精神的健康度が…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合