また、師匠から大事な枠を引き継いで始まった『みんなのどうぶつ園』も、あまり良くない空気が漂っている。

「2月27日のオンエアは世帯9.0%、個人5.4%でした。また、最近では、動物の扱い方をめぐって炎上しています。相葉と亀梨和也が希少種のスナネコを抱いたり背中をなでたりしたことに対して、視聴者から『ペット化を助長しているのでは』などと抗議の声が上がったのです。動物番組も“虐待”と言われかねない昨今ですから、もう少し慎重にロケをする必要があったのかもしれませんね」(同)

 いずれにしても、このまま嵐の活動再開が実現しなかった場合、メンバー間格差が広がっていくことは確実だろう。5年後、そして10年後、生き残っているのは誰なのだろうか?

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合