生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

先日「楽天ゴールドカード」を使って楽天市場で買い物しても、付与されるポイントが従来の半分になると発表してプチ炎上したばかりの「楽天カード」だが、今度は公共料金支払いのポイント還元率をいきなり1%から0.2%に引き下げると発表した。果たして公共料金の支払いでも、今までどおり1%ポイント還元を死守する方法はあるのだろうか?

公共料金支払いのポイント還元率が1/5に激減!

楽天カードが公共料金支払いのポイント還元率を0.2%に改悪! 1%を維持する方法は?の画像1

 ここのところ「楽天カード」のルール改悪が続いている。まず、2021年1月14日、「楽天ゴールドカード」を使って楽天市場で買い物しても、2021年4月1日からは付与されるポイントが「+4倍」から「+2倍」に半減されることになった。このルール変更については→こちらで対応策を解説している。  次に、2021年3月1日には「楽天カード」で公共料金等の支払いをしてもらえるポイントの還元率を、2021年6月利用分から大幅に引き下げると発表したのだ。詳しくは→こちらで確認してほしいが、楽天カードではこれまで電気、ガス、水道、税金、国民年金といった公共料金の支払いで、100円につき1pt(1%)還元されていたものが、500円に…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合