生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

音声SNSの「Clubhouse」が人気を集める中、レトロな写真が撮影できるSNSアプリ「Dispo」も話題を呼んでいる。Dispoとは、インスタントカメラ風の写真を撮ることができるアプリだ。インスタントカメラ同様に撮影したその場は写真を確認できず、翌朝9時までは写真を見ることができないのである。“インスタ映え”のインスタグラムは、撮影後すぐにアップできるが、翌日にしか見ることができないというタイムラグが生まれるこのDispoは、際限なく便利になっていく現代においては新しい切り口のSNSとして注目を集めそうだ。

“エモい”写真が撮れるアプリ

 Dispoの大きな特徴であり魅力のひとつとなるのが、撮影した翌日9時にならなければ写真が見られないというシステムだ。友人や家族、恋人などと一緒に撮影した写真をその場でチェックできないというのは、世代によっては使い捨てカメラの「写ルンです」を思い出す人もいるかもしれない。  近年のデジタルカメラやスマホで撮影した場合は、写真をすぐに確認して「うまく撮れていないから」と撮り直すことも容易だ。しかし使い捨てカメラは、どのような写真の出…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合