女性社外取締役“なり手”不足が深刻、女子アナ争奪戦の様相…福島敦子アナは3社掛け持ちの画像1
「ヒューリック株式会社 HP」より

 女優の酒井美紀氏(42)が不二家の社外取締役に就任する。3月24日に開かれる定時株主総会に諮られるが、社外取締役候補者とした理由について株主総会招集通知書にこう書かれている。

「酒井美紀氏は、女優として活躍される一方、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンの親善大使として世界の子どもたちを支援する活動をされており、これらの経験と優れた人格、見識を有しております。当社は同氏に社会貢献の観点から助言をいただくことのほか、主婦としての観点からも助言していただけるものと判断し、新たに社外取締役として選任をお願いするものであります」

 酒井氏といえば、1996年から2005年にテレビドラマ『白線流し』(フジテレビ系)で主演を務めて人気を博し、1998年には日本アカデミー賞優秀助演女優賞を獲得している。その後、2008年、医師と結婚、2010年に長男が生まれた。

 不二家の親会社は、株式の54.1%を保有する山崎製パン。酒井氏は山崎製パンのCMに20年以上も出演しており、その縁もあったようだ。酒井氏は20年、「ペコちゃん70周年アンバサダー」に就いた。不二家のマスコットキャラクターであるペコちゃんは1950年に不二家洋菓子店の店頭を飾る人形としてデビューし、2020年に生誕70周年を迎えた。それを記念して酒井氏が「アンバサダー(通称=ペコトモ代表、ミキちゃん)」に就任した。そのときのつながりもあって社外取締役に白羽の矢が立った。

独立社外取締役の比率を3分の1以上にする

 経営陣の監督強化を目指すコーポレートガバナンス改革を背景に、社外の優秀な女性の人材を取締役に迎える動きが広がっている。

 ガバナンス助言会社プロネッドが昨年の株主総会後の7月1日時点で東証1部上場の約2170社を集計したところ、女性取締役は1354人。1年前に比べ22%増えた。なかでも社外の女性取締役が233人(26%)増加した。

 10年前には100人に満たなかった女性の社外取締役が1000人を超えるのは初めて。企業が多様性を重視するのは投資家の圧力が強まっているためだ。米議決権行使助言会社グラスルイスは、女性取締役のいない会社のトップ選任に反対する方針を20年3月期決算企業から本格的に適用し始めた。

 企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)が今春改定される。22年に東証1部を引き継ぐプライム市場に上場するには、独立社外取締役の比率を3分の1以上にする必要がある。20年時点では東証1部に上場する企業の41.3%が、この要件を満たしていない。こうした企業が社外取締役を追加選任する場合、今後1年で約1000人が新たに必要になるとの試算がある。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合