綾瀬さんは2~3年前からフォトブックの仕事で世界を回っていて、『韓国に行きたい』と何度も希望を出されていたみたいです。綾瀬さん自身すごく食いしん坊なので、単純に“韓国料理を食べたいんだろうなあ”と思っていたんですが、熱愛報道が出て『もしかして……』と知人らで話しましたよ」(業界関係者)

 そんな綾瀬だが、所属事務所のホリプロにとっては看板女優だけに、そのガードの固さはピカイチだという。

「過去には大沢たかお、松坂桃李などとの熱愛報道が出たこともありましたが、そのときも事務所は完全否定の姿勢でした。ホリプロのなかでも、綾瀬さんと周りのスタッフは家族のような関係で、長年連れ添っているマネージャーも本当の母親のように綾瀬さんの面倒を見ている。綾瀬さんは今年で36歳になりますが、恋愛がらみへのスタッフの警戒ぶりは、それこそ20代の女優を扱うような感じです。綾瀬さんもその環境に慣れてしまっていて、10代後半のようなピュアさのまま。

 もちろんタレントを守るのは事務所の務めなので、それはそれで正しいことではあると思いますが、“恋愛の1つや2つ自由にさせてあげてもいいのでは”“このままだと綾瀬さんが婚期を逃してしまう”という声があるのも事実です」(某芸能事務所関係者)

 また、綾瀬と共演経験のあるタレントはいう。

「“芸能界にこんな純粋な人がいるんだ”って驚きましたよ。性格も良いし、何より綾瀬さんと仕事をするスタッフはみんな良い顔してますしね。ただ、周囲は綾瀬さんに対し子供を扱うような感じがあって、綾瀬さんが何かすると『すごいね〜、可愛いねぇ〜』みたいな。大人を扱ってる感じをあまり感じないというか。だから、余計なお世話とは思いますけど、ちょっと心配にもなります」

「共演した俳優のなかで彼女を悪く言う人はいませんが、“中身は子供みたい”“普通に心配になる”という声は聞きます」(芸能事務所関係者)といわれる綾瀬。そのプライベートも注目される。

(文=編集部)

 

情報提供はこちら
RANKING