藤井聡太と真逆…最強にお行儀の悪い“破天荒”棋士、花村元司の魅力と矜持の画像1
花村元司著『鬼の花村・将棋指南』

 将棋の藤井聡太二冠(18)。その天賦の才と活躍には敬服するしかないが、行儀がよすぎて取材者としてはちょっと物足りない。記者会見に何度参加しても正直、面白くない「優等生発言」ばかりである。まだ18歳ではあるが、教育というよりは生真面目な性格の産物だろう。最近はそれなりに個性的な棋士たちも多いとはいえ、総じて「お行儀がよい」。そこで今回、今では考えられないような「お行儀の悪い」破天荒棋士を紹介する。

 昭和の戦争を挟んで活躍し「東海の鬼」と恐れられた花村元司九段(1917~85)である。

「プロ編入試験」の対局中に賭博

 花村はロシア革命が起きた1917年(大正6年)、静岡県浜松市に生まれた。10歳の頃に囲碁と将棋を覚え、特に将棋がめっぽう強く14~15歳の頃から町道場に乗り込んだり、道端に将棋盤を置いて、通りすがりの人と金を賭けて将棋を指す「賭け将棋」で生計を立てる「真剣師」となる。その強さは群を抜き、「東海の鬼」と評判になる。大儲けし、本人によれば「女郎買いは盛ん、今なら数百万円する着物を着流していた」という。

「鬼」の噂は当時の木村義雄十四世名人の耳に入り、「プロにならないか」と誘われた。1944年に今でいう「プロ編入試験」を受けたのだ。棋士を相手に6局で3勝以上すれば合格とされた。ところが最初に2連敗して大ピンチに。なんと花村は金を賭けていないと力が出ないことがわかった。プロモーター役の稲垣九十九六段の計らいで、金を賭けることに。とはいえ、棋士本人が賭けるのではなく対局者にファンが金を載せる。一局の賭け金が1万5000円から2万円ほどというから、当時の貨幣価値なら半端な金ではなかった。

 儲けのために数をこなす必要がある「賭け将棋」出身の花村は、直観力でぱっと指す「早指し」が真骨頂。「一手に1時間も長考すると迷って間違える。相手が長考していても苛立って席を立ってしまう」(花村談)。だがこの時、席を立っている間にやっていることが尋常ではない。対局場となった湯河原の旅館では、別の部屋で宿泊者たちが花札賭博をしていた。「博徒になろうかと考えた」ほど賭け事に強い花村は、飛び入り参加して儲けていたのだ。肝心の対局相手が一手を指すと記録係が慌てて呼びに来る。対局室に戻ってぱっと指し、再び賭博場に戻る。人生がかかる一局で信じられない対局態度である。

 確かに将棋は対局中、ずっと盤前にいなくても構わない。現在も糸谷哲郎八段(32)などはよく席を空ける。とはいえ、ここまで極端ではない。相手(小堀清一六段、のちに九段)からすれば花村は指すときしかいない。ヘンテコな対局に小堀は調子を崩し、花村が勝ってしまう。

 現在のようにホテルや高級旅館で対局する際、棋士が一般客と出会わないように「隔離」されるのとは違いルーズだった。とはいえ当時でも対局中にバクチを打つ棋士はいまい。「妖刀」花村はここから3勝し、五段の免状を得て正式に棋士となった。ちなみにこの後、棋士への登竜門は奨励会に在籍して26歳までに四段になることが条件になった。例外的な編入試験は2005年の瀬川晶司六段(50)まで待つことになる。 

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合