飲食店で料理を注文した際、量が少し物足りなかった経験はないだろうか。そんなあなたに、”チェーン店のボリューム飯3選”を紹介したい。味に定評がある大手飲食チェーン店から、満足感バツグンの一品を取り上げていこう。

3種の肉を同時に楽しめる!

「これでいいんだよ」と言いたくなるボリューム飯3選!吉野家史上最大1665kcalの丼の画像1
「伝説のすた丼屋 公式サイト」より

 まずは「伝説のすた丼屋」で販売中の「唐揚げ合盛りとろ玉牛たん合戦焼肉丼」(1180円/税込み、以下同)をチェック。3月1日より期間限定で提供されている同商品は、「中とろ牛たん」「厚切り豚トロ」「すたみな唐揚げ」を贅沢に盛りつけた”肉のオールスター丼”。実は、同店に牛たんが登場するのは2017年以来のこと。厚みがありながらも柔らかい、厳選された「中とろ牛たん」の味わいにも注目しよう。

 肝心のタレは”刻み玉ねぎ”が決め手の「特製こってり濃厚焼肉ダレ」を使用。ニンニクのパンチも効いているため、ごはんが進むスタミナ満点の味わいを堪能できる。また”とろろ&玉子(卵黄)”をトッピングすることで、まろやかさもプラス。重量感のあるメニューだが、意外とあっさり食べられるだろう。

 実際に食べた人からは、「豚トロの良質な脂とサクッとした歯ごたえがたまらない」「特製の焼肉ダレが牛タンや豚トロと非常にマッチしていておいしかった」「どの肉もサイズが大きいから食べ応え十分!」などの声が上がっている。ちなみに、唐揚げが載っていない「とろ玉牛たん合戦焼肉丼」「とろ玉牛たん”天王山”焼肉丼」という2つのボリュームメニューも同時に発売。贅沢な肉丼を体験してみてほしい。

吉野家史上最大のボリューム!

「これでいいんだよ」と言いたくなるボリューム飯3選!吉野家史上最大1665kcalの丼の画像2
「吉野家公式サイト」より

吉野家」の「スタミナ超特盛丼」(877円)も、3種類の肉(牛肉・豚肉・とり肉)をふんだんに載せた満腹メニュー。どんぶり1杯の総カロリーは1665kcalで、「吉野家史上最大のボリューム」と謳われている。

 満足感のあるボリュームはもちろん、バランスのとれた味わいも必見。醤油ベースの”ニンニク風味ダレ”で、こってりとした味が特徴的。すでに実食した人からは好評の声が寄せられており、「ニンニクの風味が食欲をそそられる」「規格外のボリュームで思わずビックリした」「おいしくておなかいっぱいになるし、何よりコスパが最高に良い」といったコメントが続出。また、生卵は”別添え”でついてくるため、「最初はそのまま食べて、途中から卵と絡めれば味の変化を楽しめる」という声も見られる。

 ちなみに、同メニューはテイクアウトも可能。自宅でも”ガッツリ飯”を食べられるのは、非常に魅力的だ。

豊富なトッピングでごはんが見えない

「これでいいんだよ」と言いたくなるボリューム飯3選!吉野家史上最大1665kcalの丼の画像3
「ゴーゴーカレー 公式サイト」より

 最後に紹介する「ゴーゴーカレー」の「メジャーカレー」は、”若者の支持率No.1″を誇るトッピングてんこ盛りメニュー。古くから愛され続ける濃厚な”金沢カレー”に加え、ロースカツ、チキンカツ、ウインナー、エビフライ、ゆで玉子、千切りキャベツがお皿の上に敷き詰められている。

 揚げ物にはしっかりとソースがかけられており、ごはんが隠れてしまうほどのボリューム感。5時間煮込んだ後に55時間寝かせてうまみを熟成させた”特製オリジナル・ルー”は、どのトッピングとも相性バツグン。

 また「メジャーカレー」は”大盛り”や”特盛り”などのサイズを選べるが、なかには総重量2.5kgの”ワールドチャンピオンクラス”も存在。「ワールドチャンピオンを完食できる人は尊敬しちゃう」「人生で一番ボリューミーだった」という声も上がる大盛り具合なので、大食いに自信のある人はぜひ挑戦してほしい。”各店舗1日5食限定”で、一部提供していない店舗もあるので、HPで確認してから訪れることをお勧めする。
(文=編集部)

※商品の価格は記事作成時の実売価格です。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合