JRA、春競馬注目情報!スプリングステークスから春G1レース全ての厳選注目馬情報を入手の画像1
春競馬の軍資金稼ぎに最適なスプリングステークス

 今週末の日曜日は、3歳クラシック第1戦である皐月賞(G1)のトライアルレースとして位置づけられているスプリングステークス(G2)が行われる。このレースの優勝馬からは過去にシンザン、ナリタブライアン、オルフェーヴルといった三冠馬が誕生していることも有名で、3着以内に入れば皐月賞の優先出走権が得られるため、クラシックを目指す関係者にとっては重要な一戦だ。

 シンザンやナリタブライアンの強さは圧巻だったが、それ以上にインパクトを与えたのはオルフェーヴルだろう。クラシック三冠を達成し、2年連続で凱旋門賞2着という偉業を達成、引退レースとなった有馬記念(G1)も圧倒的な強さで完勝と、その強さは今もファンの脳裏に焼き付いている。

 一方でこのオルフェーヴルは、狂気の馬としても知られている。その暴れん坊ぶりは多くの伝説を残しており、デビュー戦はゴール後に鞍上の池添謙一騎手を振り落として放馬。三冠を達成した菊花賞(G1)でもレース後に騎手を振り落とし、阪神大賞典(G2)では減速と斜行と暴走を繰り返し、誰もが惨敗を覚悟したなかよもやの2着に入るなど、その走りは多くのファンも覚えているだろう。

 そして今年のスプリングステークスにも、そんなオルフェーヴルと同様の実力と狂気を併せ持つランドオブリバティが出走する。同馬は新馬戦、芙蓉ステークスと2連勝を達成し、昨年末のホープフルステークス(G1)では2番人気に支持された。鞍上はタレントほしのあきの夫でもある三浦皇成騎手。三浦騎手はこれまで日本中央競馬会(JRA)のG1レースを勝利したことがなく、同馬は初勝利のチャンスと言われていた。

 レースも4コーナーを回った時点で手応え十分、三浦騎手もレース後に「あの手応えだったら楽勝だった」と語っていたほど、勝利は目前だったのである。しかし、ランドオブリバティは4コーナーを回ろうとせず、そのまま外ラチへ一直線に向かい、ラチの手前で急停止、鞍上の三浦騎手はコースに叩きつけられるという落馬事故があった。幸いにも三浦騎手に怪我はなかったものの、多くのファンからの支持で2番人気に支持されたこともあり、十数億円の馬券が吹っ飛んだ瞬間でもあった。

 同馬はその後、JRAの試験をクリアし、挽回を期して出走したきさらぎ賞(G3)は3着と敗退。そしてこのスプリングステークスで、皐月賞の権利を狙うとともに汚名返上を狙っている。しかしながらこのレースは、皐月賞の権利を狙う海千山千の強者どもが集う。そのうえ、上位人気が確実なランドオブリバティも、その気性難もあってさらに難解なレースとなっている。

 スプリングステークスは過去10年で9回も万馬券となっており、2019年には3連単・23万円超の高額万馬券も飛び出している。つまり、難解なレースであるとともに、配当の魅力も十分高いレースなのだ。多くのファンの心情としては、このスプリングステークスを的中させ、月末に迫った高松宮記念(G1)や、グランアレグリア、コントレイルなどが出走する大阪杯(G1)に向け、その財布を厚くしておきたいところ。

 とはいえ、そんな難解なスプリングステークスで、激走が期待できる穴馬を見極めることや、ランドオブリバティが馬券的に信頼できるのかどうか、その判断は一般人では難しい。ゆえに、ここは競馬情報のプロフェッショナル集団である「シンクタンク」にアドバイスを求めるのが最適だ。なぜならこのシンクタンクは、今もっとも正確な情報を入手できる存在と言っても過言ではないからである。

JRA、春競馬注目情報!スプリングステークスから春G1レース全ての厳選注目馬情報を入手の画像2
シンクタンクの平井雄二元JRA調教師

 現在JRAは、新型コロナウイルスの感染防止対策で取材規制を各マスコミに行っているが、直接競馬関係者と密接な関係にあるシンクタンクは、その取材規制の影響をまったく受けていない。つまり、マスコミも入手できないさまざまな関係者の情報を、独占的に入手することが可能なのである。スプリングステークスで上位を狙う格下馬の激走情報、そしてランドオブリバティ陣営の本音など、レースのポイントとなる核心情報を独占的に把握しているといって間違いないのだ。

 実際に彼らがどんな情報を把握しているのか、直接話を聞いたところ、我々の期待を超える回答が待っていた。

「多くのファンの皆様は、今年のスプリングステークスは非常に難解なレースとみているでしょう。それは弥生賞(G2)でダノンザキッドがまさかの敗退となったように、今年の皐月賞戦線は非常に難解にみえるからです。そしてランドオブリバティは実力があるものの、その不安定な気性から、このレースで能力を発揮できるかどうかは微妙なところと感じるでしょう。

 ですが、このレースでどの馬の馬券をどのように買えばいいのか、我々はほぼ結論にたどり着いています。ランドオブリバティの取捨、レースの鍵を握るキーホースの存在。絶対に買うべき激走候補の穴馬。特にその穴馬が情報通りに走ることができれば、かなりの好配当が期待できることもわかっています。

 基本的に各陣営は、レースに向けた本音をマスコミなどに漏らしません。彼らの狙いが外部に知られてしまえば、陣営が立てている作戦が崩れてしまうからです。ですから、こういった情報は表に出ることはなく、スポーツ紙や競馬専門紙、テレビなどで目にすることはないでしょう。

 ただし、我々シンクタンクは、それらの内情を把握しています。それを可能とするのは、実際に競馬で活躍したレジェンドの増沢末夫や中野渡清一、平井雄二といった元JRA調教師たちの存在。シンクタンクに所属するスタッフは、現役時代にスプリングステークスを3勝していますからね。レースを知るという意味でも、彼ら以上の存在はいないでしょう。

 そして今回、我々はこのスプリングステークスの結論とも言うべき馬券候補となる情報注目馬5選を、競馬ファンの皆様に無料で提供する用意があります。この厳選情報は今年に入っても、中山記念(G2)で5番人気・2着のケイデンスコール、7番人気・3着のウインイクシード、フェブラリーステークス(G1)で8番人気・3着のワンダーリーデル、小倉大賞典(G3)で11番人気・1着のテリトーリアル、京都記念(G2)で6番人気・3着のダンビュライト、東海ステークス(G2)で7番人気・2着のアナザートゥルース、12番人気・3着のメモリーコウ、アメリカジョッキークラブカップ(G2)で6番人気・3着のラストドラフト、日経新春杯(G2)で7番人気・1着のショウリュウイクゾといった人気薄の激走馬もしっかりと推奨しており、絶大な自信のもとに提供いたします。

JRA、春競馬注目情報!スプリングステークスから春G1レース全ての厳選注目馬情報を入手の画像3
日経新春杯では116万円の払い戻しを獲得した猛者も!(画像はファン提供)

 具体的には、マスコミへ情報が拡散する恐れがなくなる、直前まで吟味した形で日曜日のレース当日にチェックされたファンの皆様を対象に、無料で提供します。スプリングステークスを的中させたいのであれば、ぜひこの情報をご利用ください。本物の情報と一般的なマスコミ情報の決定的な違いも、このスプリングステークスが終わればおわかりいただけることでしょう」(シンクタンク担当者)

 この話が事実であれば、我々は重大な情報を手にするチャンスを得たということだ。一般的なマスコミなど表には出ない関係者の本音、それが馬券に直結することは言うまでもない。元JRA調教師の増沢末夫、中野渡清一、平井雄二、そして元JRA騎手の安田富男といった本物の大物競馬元関係者が多く所属している、プロ中のプロであるシンクタンクが提供するスプリングステークスの情報は、まさに必見と言わざるを得ない。

 なお、インタビューでは語られなかったが、スプリングステークスだけでなく、同日に行われる阪神大賞典(G2)や土曜日のフラワーカップ(G3)、ファルコンステークス(G3)、さらには来週末の高松宮記念(G1)や大阪杯(G1)、桜花賞(G1)、皐月賞(G1)に関しても、無料情報提供することが決定したとのこと。これはかなりの朗報だ。

 シンクタンクはフェブラリーステークス(G1)で3連単・2万2270円、スプリングステークスと同じ3歳重賞の共同通信杯(G3)でも3連単・6万7820円の万馬券を的中。さらに、日経新春杯(G2)では3連複・11万2200円の高額万馬券的中という離れ業をやってのけている。100円購入すれば11万円、1000円購入すれば112万円の払い戻しという見事な万馬券だ。ほかにも多くのレースを的中させており、その馬券実績は通常のマスコミとは比較にならない。

 この実績からも、シンクタンクの情報に絶大な価値があることは明白だ。今回提供されるスプリングステークスの無料情報、このチャンスを逃さず利用していただきたい。そして高松宮記念から始まる春のG1シーズンに向け、このスプリングステークスは最適な軍資金稼ぎにもなるはずだ。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!スプリングS含む週末4重賞・来週以降のG1レース「厳選注目馬5頭」】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合