生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

iPhoneやiPadなどアップル製品を愛用するすべてのユーザーは、最新のOSへのアップデートが済んでいるか確認が必要だ。現地時間3月8日、アップルはiPhone、iPad、Mac、アップルウォッチ向けのセキュリティアップデートをリリース。これは“重要”なセキュリティアップデートで、“すべてのユーザーに推奨”されるものだという。
そこで今回はそのアップデートの内容について、詳しく見ていきたい。

iOS14.4に見つかったのは致命的なバグの可能性

アップルユーザーいますぐ確認!  iOS14にまた脆弱性が見つかり、修正パッチ緊急配布の画像1
(Image:Velimir Zeland / Shutterstock.com)
手持ちのiPhoneが「iOS14.4.1」になっているか、確認しよう[/caption]

 今回のアップデートにより、iPhoneとiPadなら「iOS14.4.1」に、アップルウォッチなら「watchOS 7.3.2」に、macOS Big Surは「11.2.3」が最新のものとなる。これはアップルのブラウザ「サファリ」のエンジンであるWebKitのメモリ破壊バグという脆弱性が見つかったため、その修正をするものだという。この脆弱性を悪用したコードを含んだウェブページにアクセスすると、このバグが発生してしまう、というのだ。

 「iOS14.4」は2021年2月にリリースされたばかり。WebKitの脆弱性が見つかり…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合