NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『知ってるワイフ』近年の連ドラ最高クラスのハッピーエンドが期待できる2つの理由

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
『知ってるワイフ』近年の連ドラ最高クラスのハッピーエンドが期待できる2つの理由の画像1
知ってるワイフ – フジテレビ」より

 ついに、「夫婦だったんだ。俺たちは結婚してた。俺の妻だったんだよ」と澪(広瀬アリス)に告げた元春(大倉忠義)。3月11日に放送された『知ってるワイフ』(フジテレビ系)第10話は、最終話前らしくクライマックスに向けて一気に物語が動いていった。

 沙也佳(瀧本美織)の人生も暗転させてしまったことで、「俺のせいでみんな不幸になる」と落胆した元春は再び過去へ戻ることを決意。小池(生瀬勝久)のもとを訪れ、過去へのタイムスリップを試みるシーンで第10話は終了した。

 一方で澪が母・久恵(片平なぎさ)から「誰でも取り戻したい過去がある」と言われながら500円硬貨を渡されたほか、車を運転するシーンもあったことから、元春とのダブルタイムスリップは間違いないだろう。

 第1話の段階では「夫婦ゲンカがつらすぎて見るのをやめた」という声も少なくなかったが、現在ではそんな人々を後悔させ、見続けてきた人々を感動させるハッピーエンドのムードが漂っている。「最終話は近年の中でも最高クラスのハッピーエンドが見られるかもしれない」、そう思わせる2つの理由を挙げていく。

2人の関係性を動かしてきたのは澪

 最終話では、元春が澪と出会い、沙也佳とデートする予定だった10年前の日にタイムスリップし、家から一歩も出ずに過ごしたあと、現在へ戻る様子が予告されている。さらに、元春が目覚めると、大阪で別の仕事をしながら独身生活を送っていた。しかも携帯の連絡先には澪、沙也佳、津山(松下洸平)の名前がなく、あらためて一人で生きていくことを決意するが、ある日仕事で東京出張することになり、そこで「予想もしない事態が巻き起こる」という。

 やはり最終話の鍵を握るのは澪であり、演じる広瀬アリス。序盤から澪とアリスは、恋にときめく女子高生・女子大生、夫を罵倒するモンスター妻、仕事に前向きなワーキングウーマンという3つの姿を見せて物語をグイグイ引っ張ってきた。第10話でも澪は元春を呼び出して真相を尋ね、初デートの場所に連れ出し、「本当に私に悪いと思っているなら私と一緒にいてください」「ずっと一緒にいる。絶対離れない!」と繰り返し語りかける熱さを見せていた。

 一方の元春は「俺のせいでみんな不幸になる」とウジウジするばかりで、今の彼ではハッピーエンドを手繰り寄せられないだろう。「2人の結末は澪の奮闘1つにかかっている」と言っても過言ではない。

 もともと2人の関係性は、ほとんど澪からの発信によって動いてきた。まず澪の猛アプローチによって恋人同士になり、結婚して2児を産む。その後、澪がモンスター化したことで、元春に妻を入れ替えられてしまう。しかし、澪は自ら異動希望を出したことで元春と出会い、彼に惹かれ始めて告白する。澪は真相を尋ね、自分を避ける元春を懸命に追いかけて……と、常に澪が2人の関係性を動かしてきたことがわかるだろう。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合