NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

オーケストラにとってネットは善か悪か…会場の聴衆減る恐れの半面、新たな可能性も

文=篠崎靖男/指揮者
オーケストラにとってネットは善か悪か…会場の聴衆減る恐れの半面、新たな可能性もの画像1
「Getty Images」より

 時事通信によると、巣ごもり生活が定着するなか、50代以上のインターネット利用時間がテレビの視聴時間を超えたそうです。若者のテレビ離れが言われて久しいですが、市場調査会社マクロミルが2020年7~12月の行った調査では、50代の1日のテレビ視聴時間は3.2時間にもかかわらず、インターネットは3.3時間と逆転。しかも、50~69歳の男女1万5000人に行った調査では、2020年12月のYouTubeの1カ月平均利用時間は、2019年の1.5倍に伸びたそうです。

 テレビのニュースを見れば新型コロナウイルスの話題ばかりで、大切な話だとはわかっていても、やはり不安を煽られますので、毎回見るのをためらう方もおられると思います。さらに、それ以外のテレビ番組も、一定の世代以上には、あまり興味が湧かないような内容も多いのが実情です。それならば、自分が興味ある話題や情報を、見たいタイミングで見ることができるインターネットのほうがいいというわけなのでしょう。

 もちろん、クラシック音楽好きにとっても同じで、インターネットならばいつでも好きな時に、聴きたい曲を聴くことができます。たとえば20世紀の巨匠指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンが指揮する『第九』を急に聴きたくなった場合に、YouTubeで「カラヤン ベートーヴェン 第九」と検索さえすれば、たくさんの動画が検索されます。また、最近では、どこから手に入れたのかわかりませんが、CDでは発売されていないような歴史的なコンサートの録音やリハーサル風景を投稿する人まで現れています。つまり、クラシック音楽の世界は今、インターネット動画バブルなのです。

 日本では昨年夏ごろからオーケストラやオペラも再開され、僕も指揮台に上がる機会が増えてきましたが、欧米ではまだまだの状況で、何よりも生活自体がロックダウン下にあるところも多々あります。音楽どころではない国がほとんどです。僕も、いつもならば年が明けてから今の時期までに2回くらいは海外に行っているはずですが、今年はまだ行く機会がありません。

 現在、欧米では演奏を許されたとしても、満員の観客の前ではなく無観客のストリーミング公演しかできないオーケストラも多くあります。クラシック音楽愛好者にとっては、世界のどこにいてもインターネットを通じて超一流のオーケストラのライブ演奏を聴けるのは悪いことではないかもしれませんが、オーケストラにとってインターネットは、その便利さから、これまでの強敵であるレコードやCD以上の手ごわい相手となり得る存在かもしれません。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合