V6解散でKinKi解散延期か…ジャニーズ、ベテランの退所許容で“若手重視”にシフトの画像1
ジャニーズ事務所

 昨年末をもって嵐がグループ活動休止に入り、TOKIOもボーカルの長瀬智也が今月いっぱいで退所し事実上の活動休止となるなど、相次いで人気グループが“区切り”を迎えるジャニーズ事務所。今月12日には、V6も11月1日のデビュー記念日をもって解散することが発表された。

 事務所から発表された文書やメンバー全員の連名で出されたコメントによれば、解散のきっかけとなったのは森田剛が事務所を退所する意向を示したことで、森田は「これからの人生、ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」(公式発表文書より)という意思を持っていたという。話し合いの末、他のメンバーも森田の意思を尊重し、6人でなければV6ではないとの意見で一致したことから、森田の退所と同時にグループも解散する運びとなったという。

「8年にわたりNHK朝の情報番組『あさイチ』のMCを務めた井ノ原快彦、数多くの映画やドラマで主演を張る岡田准一、そして舞台俳優としての活動に力を入れる森田をはじめ、V6は近年ではメンバー個人のソロ活動がメインとなっており、以前から解散説がくすぶっていた。そのため、世間の受け止め方的にも驚きは少ない印象です」(週刊誌記者)

 今回の解散の裏には、一人のキーマンがいたと業界関係者はいう。

「森田がジャニーズ退所の意向をメンバーに伝え、森田抜きでV6を継続させるかたち、森田を説得して事務所に残留させたままグループ活動休止とする嵐と同じパターン、森田の退所に他のメンバーも歩調を合わせるかたちなど、いくつか選択肢は存在した。そんななか、井ノ原快彦の妻で女優の瀬戸朝香が、井ノ原にとってはジャニーズの先輩にあたる木村拓哉の妻の工藤静香に身の振り方を相談していたという話もあります。

 瀬戸と工藤は同じ女優出身同士ということで普段から仲が良く、瀬戸からみれば女優としても“ジャニーズタレントの妻”としても先輩の工藤に、折に触れていろいろと相談をしている。SMAPのジャニーズ独立騒動の際、木村がいち早くジャニーズ残留を決めたのは工藤の強い意向があったからですが、今回、瀬戸は工藤から、とにかく井ノ原も事務所に残るようアドバイスを受けたといわれています。

 もっとも、V6はソロ活動がメインとなった今、森田に限らず、他のメンバーもこのままグループ活動を継続していくことに強いモチベーションを持ってはいなかった。森田の退所を機に解散となるのも、そして他メンバーが全員事務所に残留となるのも、自然の流れだったといえるでしょう」

KinKi Kidsにとばっちり?

 そんなV6解散の“煽りを食う”のがKinKi Kidsだという。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合