生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天モバイルにさらなる投資が決定した。2,400億円もの巨額を、現在楽天モバイルが急ピッチで進めている基地局建設に充てるという。2020年4月のキャリア参入時は他キャリアの回線に“間借り”しているエリアも多かった楽天モバイルだが、当初の計画を大幅に前倒しして自社回線を普及させていくことに注力している。
今回は、そんな楽天モバイルが仕掛ける戦略と大きな決断についてお伝えしていきたい。

投資を得てさらに成長を加速させる楽天モバイル

楽天モバイルついに本気出す!? 調達した2400億円もの資金をそのまま基地局増強への画像1
(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)
楽天モバイルは「1GBまで0円」という衝撃のプランも話題だ[/caption]

 楽天モバイルへの投資が決定したのは、グループの中心企業である楽天が日本郵政等からの資金調達に成功したことが理由だ。楽天は、日本郵政や中国のIT大手・テンセント、アメリカの小売大手・ウォルマートから合計2,423億円を調達し、それらをそのまま楽天モバイルへと投じるようだ。

 楽天モバイルはこれまでにも、一定のタイミングで基地局の増強について言及してきた。2020年8月には「当初2026年をめどに進めていた『人口カバー率96%』を2021年夏頃に達成できる見込み」と5年もの大幅な計画前倒しを発表し世間を驚かせた。さらに2021年2月に行われた決…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合