朝ドラ『おちょやん』前田旺志郎が登場!まえだまえだの弟は20歳の慶応ボーイにの画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 須賀廼家万太郎一座との勝負には負けたものの、鶴亀家庭劇の座員たちの絆はより深まり、竹井千代(杉咲花)は芝居漬けの日々に戻った。そんな中、またもや父親のテルヲ(トータス松本)が現れた3月15日(月)~19日(金)のNHK連続テレビ小説『おちょやん』を振り返ろう。

ダメ親父のテルヲが病で死去

 ある日、テルヲが岡安を訪れた。千代は他人のフリをして追い返すが、テルヲは懲りずに後を追い、千代が天海一平(成田凌)と結婚したことを知ると激怒。またもや、千代のまわりは騒がしくなってしまった。

 翌日、心配のあまり天海家を訪れた岡安の主人・岡田宗助(名倉潤)を見送る際に、千代は乞食に仲間入りしたテルヲに遭遇。あきれた千代がその場を離れた途端、宗助が腹痛を訴え、テルヲが担いで病院へ連れて行った。

 病院に駆けつけた岡田シズ(篠原涼子)はテルヲに礼を言う中で、テルヲが病に冒され、先が長くないために千代に会いに来たことを知る。しかし、テルヲは千代に言うなと口止めした。

―――

 テルヲは翌日も千代を追いかけ回す。福富楽器店では、富川みつえ(東野絢香)が千代の苦労を並べて「これ以上、千代を苦しめるな」と釘を刺すと、テルヲの矛先は一平へ。座員たちが集まる飲み屋に突撃して、一平と飲み比べをすることになった。

 一方、シズに呼び出された千代はテルヲの命が長くないことを知らされる。「許すかどうかは千代の勝手だが、悔いは残すな」と言われ、複雑な気持ちで自宅に戻ると、酔いつぶれた一平を連れて帰ってきたテルヲがいた。

 自分の体を顧みずにムチャをするテルヲにイラ立って言い合いになると、酔いつぶれていた一平が目を覚ました。テルヲが出ていくと、一平は一緒に住むことを提案するが、千代は断った。

―――

 翌日、テルヲは大山鶴蔵社長(中村鴈治郎)のもとを訪れて、千代をクビにしてほしいと直訴したが、即答で断られた。次に、須賀廼家千之助(星田英利)に、役者を辞めたくなるくらいしごいてほしいと頼んだ。しかし、千代は相手の良さを引き出すいい役者だとほめられ、テルヲは泣きながら、千代を頼むと頭を下げた。

―――

 ある日、座員たちは練習場に集められ、有名劇団雑誌「演劇月報」の取材を受けることになったと報告を受けた。盛り上がる中に顔を出して千代に追い出されたテルヲは岡安へ行き、シズと翌月の鶴亀家庭劇の芝居を見せてもらう約束をした。

 その後、天海家に行ったテルヲは、一平のカメラで写真を撮ってもらう際に「千代を幸せにしてやってほしい」と涙ながらに頼んだ。一平は「笑ってください」と言い、とびきりの笑顔の写真を撮った。

―――

 取材当日、テルヲが練習場を訪れると、借金取りも現れ、殴り合いの喧嘩に発展。警官に捕まったテルヲは留置所へ連れて行かれた。

 千之助たちの後押しもあり、頑なだった千代はテルヲに会いに留置所へ。そこでこれまでの恨みをぶつけたが、テルヲは千代が生まれたことへの感謝と、奉公へ出したことへの後悔を語った。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合